<< March 2009 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
藍暦
Latest Entry
Category
Archives
Recent Comment
  • 朝一東京便…。パート4
    藍暦 (04/26)
  • 朝一東京便…。パート4
    モンちぃ (04/26)
  • 「彩藍」さんの夏物展示会に行ってきました・・。
    チーム彩藍一同 (02/19)
  • 春物新作展の2月スタートです・・。(「久留米かすり藍暦」2月新作展示会商戦が始まります・・!)
    四代目 (02/02)
  • 過ぎ去りし“夏”の思い出・・。 (ミルキースマイルの“秋”を迎えて・・)
    藍暦 (09/28)
  • 過ぎ去りし“夏”の思い出・・。 (ミルキースマイルの“秋”を迎えて・・)
    四代目 (09/28)
  • 戦士の休息・・ (“秋色” を求めて。)
    (09/25)
  • 大阪・京都、新都物語 part 3 (平安京の記憶・・。)
    藍暦 (08/31)
  • 大阪・京都、新都物語 part 3 (平安京の記憶・・。)
    四代目 (08/31)
  • 久留米井筒屋 閉店の年  part 2
    藍暦 (08/19)
Profile
Links
Search
Admin
Mobile

三月も終わりになりました・・。

一カ月なんか、アッいう間に過ぎていく・・!
この三月でさえも、いろんな事が目まぐるしい一カ月ではなかったろうか?

気候にしても“桜”の開花が一番早かったし、後半は冬に逆戻りの気候に
なるしと想像を超えて何かが変化しているのだろう・・。

経済・政治・外交・スポーツとあらゆるジャンルで変化や、その兆しが見え隠れする時期みたいだ・・。これからどう枝葉が分かれていくのか・・?
注意して見守っていくようにしたい・・!

こんな時は、昔から「躍らず・騒がず・我慢する・・!」と相場が決まっている・・。さぁ!明日から新体制だ・・!今まで以上に「気」を引き締める。



百花繚乱・・(春の真ん中で・・!)。



(筑後川河口、ファットボーイにて・・)


季節があるから「日本」なんだ・・!しかも、それぞれを生活の中で楽しみ工夫する・・!日本人の豊かさと知恵だろう・・。

この春は“桜”の開花は早かったが、寒気の影響で花は散らず、満開のまま咲き続けている・・!こんな“桜”は東北で見た時と同じような美しさだ。

今週位から散り始めるだろうが、散り際の潔さと“桜吹雪”が大好きな
私です・・。




ETC車は今日から1000円・・!

弊社は高速道路の横にあるが、本格的に今日から高速道路の割引が始まったみたいだ・・。
期間限定ではあるが、大いに活用したいところだ・・!さて・・?どこ行こうか・・?京都に「桜」見物でも行こうか・・?



11年目の愛車を労わりながら有効に制度を利用させていただこう・・。
ちなみに、ZX−14のETCの方が多く利用しそうである・・。

“天地人” 越後屋紀行 part 3




(夜の新潟駅です。結構、大きく風情があります。)

昨夜、帰ってきました・・。最近は、福岡便が一往復しか無くて便利が悪く
しかも、小さい機体に満席だからリラックスできず、かなり疲れた・・!
今からのシーズンこんなタイトな出張が多くなることだろう・・。

“天地人”・越後屋紀行 part 2


“天地人”の故郷は、かなりの“雪”です…!
福岡との温度差はかなり厳しい…!

数時間の間に、みるみる積もって10cm位積もってしまった・・!
もうすぐ、4月だよ〜!

九州から出て来ている僕は防寒も無いしなぁ…。「桜」が満開の福岡とのギャップはすごい !




“天地人”・越後屋紀行 part 1


“天地人”の故郷に来ています。

ちょうど、今、放送している「御館の乱」が起こった場所は、直江津駅の
直ぐ近くらしい・・。



(春日山城を望む・・。謙信公の居城だ。)



(駅のポスターも“天地人”ばかり・・。)


“侍”ジャパン世界一…!

めでたい…!
とにかく韓国にこれ以上負けられない!ことはもちろん…。
しかし、アジアの野球のレベルの高さを見せつけたろう…!
最後は空港ロビーのテレビは、黒山の人集りだった。夜も遅くまで特番が続くし…。
応援のかいがあった!


2009 藍・愛・で逢いフェスティバル part 5  (今年の新作求評会編)




フェスティバルのもう1つの顔が「新作の求評会」だ・・。新作を審査して
その年の経済産業大臣賞が決まる・・!手前の作品が今年の手織り部門の大臣賞である。



機械織り部門も審査され、“藍暦”の関係する反物も上位に入った。



全体的にウェアを意識して少し派手めな色使いのようだ・・。
この中から、夏物や、次にくる秋・冬物に続いていく・・。

“侍”ジャパン 流石の準決勝で王者アメリカ撃破・・!決勝進出・・!

「運」も実力の内だ・・。

韓国に二度負けても、二度、キューバに勝ったから、1組1位通過で
準決勝ラウンドに行くことができる。
前回と同じような展開に二連覇の期待も膨らむ・・。しかし、投手陣の
踏ん張りは今回、素晴らしい・・。大きな点差にならないし、ほとんど
ホームランも痛いところでの一発が無い・・!緩急を付けてコーナーを突くという日本らしいディフェンスが冴えている・・。

あと二試合、心の底から「国歌」を歌い国の代表として
堂々と戦ってもらいたい・・!

・・と何日か前にブログの下準備をしていたが“侍”達はアッサリと王者
アメリカを今日下してしまった・・!我、ソフトバンクの川なんかは大車輪の活躍だ・・!

さて、頂上決戦・・!今度こそ雌雄を決せねばならない・・!
宿敵・韓国を破って真の世界一へ進むだけだ・・!


2009 藍・愛・で逢いフェスティバル part 4 (ファッションショー編)



何といても、イベントの目玉は“かすり”で作ったウェアを使っての
ファッションショーではなかろうか・・?毎回違ったテーマの中で開催されるので楽しみだ・・。


和やかにさせてくれる子供達のウェアもオールディズで決まっている・・!




今回は生バンドの曲のオールディーズで始まり、ロックンロールに合う
ファッションでオープニングだ・・!





最後のエンディングは、もう、お決まりの「ウエディング」だ・・!

様々な物に変化できる“久留米かすり”は、我々、関係者の「誇り」だ・・!今回も大盛況の内に終わることができて、これもご来場のお客様のお陰です・・。ありがとうございます。

2009 藍・愛・で逢いフェスティバル part 3


昨日も今日も、大勢のお客様がお見えになって、なかなか
続報をお伝えできなかった…。
これだけの愛好者に支えられている「久留米かすり」は、幸せだ…!
もっと、頑張って広げていかなければ…。



2009 「藍・愛・で逢いフェスティバル」 part 2




天気も良く、かなりの人出となった・・。遠くは鹿児島、熊本の人吉、山口
など“久留米かすり藍暦”のファンの方々が多数ご来場いただいている・・!




スタッフは昼ご飯も食べれないほど大忙しだ・・。
本当にお客様、ありがとうございます・・。

2009 「藍・愛・で逢いフェスティバル」 開催・・。

天候にも恵まれて、今日から開催です・・!

会場は弊社のすぐ近くだから、余計便利が良く助かっている。

“久留米かすり”好きには堪らないイベントだから、年に一度のこの機会を楽しみにしてあるお客様の列が、開場一時間前から並んでいる・・。

今回も情報をリアルタイムでお伝えすることにしよう・・!



桜・さくら・サクラ sakura


ここ数日、初夏のような気温になり一気に花が開いた!
今朝は、三度目の正直ということで韓国を撃破して
「桜咲く!」としたい…!



いよいよ“藍・愛出会いフェスティバル”開催です・・!

今週の21日(土)〜22日(日)に“久留米かすり”のお祭りの
“藍・愛出会いフェスティバル”が始まります・・。

明日が搬入のため今日は準備で大変です・・。今回もお買い得品を数多く
揃えて多くのお客様のお越しをお待ちしております・・。

どうぞ、この機会に久留米かすり“藍暦”重松(株)のブースにお立ち
寄りください・・。




(久留米かすりを織る前の糸の状態で、柄になるところに括り糸が巻いている・・これに色を染めて織ることになる・・。かなり手間が掛かる工程だ!向こうに見えるのが糸を染めた状態です・・。)






「事業」とは・・継続する難しさ・・!

昨日、県の助成金の説明会があり参加してきた。

どの企業も厳しいのは同じだし、なんとかしてこの難局を乗り切ろうと必死だ・・。既存の仕事を続けるのではなく、そこに何かしらの工夫を凝らし、又は、完全にアレンジしてジャンルを広げようとすることに対して、応援しましょうということらしい・・。
従来の仕事内容や、決算状況、借入の有無など細かいチェックが入ることはもちろん、助成金の半分は自己資金なのは当然だし、その後5年間は状況報告していかねばいけない義務がある・・。

この条件をクリアしたところだけが、助成金を受けることになる・・。
これだけでもかなりハードルが高いのだから、なかなか難しい申請書作りになる。しかし、景気が悪く市場が厳しいと多くの人達が行動を起こすと思われ競争率も高くなることだろう・・。

私的にも、少し草案を練ってみようと思うが、今回は何故か?気乗りしない・・。

2009 “桜”をめでる旅・・。



(昨年の上野公園の「しだれ桜」)

私が“桜”を好きなのは昨年のブログにてお知らせしたが、さして有名な“桜”を見てきているわけじゃない・・。

今年は全国の桜前線のトップを切って「福岡」で開花が発表されたが、
たまたま一つの木に数輪咲いている程度で、これからが本格的な開花となろう。

九州地方には“桜”もだが、大きな樹木が少ないようだ・・!うっそうとした森ですら、「屋久島」位ならいざしらず、一本杉や一本桜などは少ないようだ・・。地理的に“台風の通り道”なのかもしれないが・・謎だ。

今年はETCで高速道路が安くなるようだから、巨大な“桜”が残り、色や
咲き際が見事な東北地方に行ってみたいな・・!
さぞ見事なことだろう・・!数年前、越後の高田で偶然に「夜桜祭り」に出くわした時の“桜”は凄かった・・!初めてみる凛とした光景だった・・!
今年の“桜”は、何を語りかけてくれるのだろうか・・?楽しみである・・。

“春”の海、終日のたりのたりかな・・。(筑後川河口春紀行)




週末の二日間は休みだったが、土曜日なんかは“雪”が舞う寒い日だった。
もちろん、日曜日も寒さは残ったものの、天気はいいから、昼からファットくんと出撃する・・!
まず、車検の「見積もり」を聞きにショップに行くが原型を殆ど留めていない愛車は車検の度に苦労する・・。しかし、悪ガキほど可愛いし、愛着もある・・。折角だし大河筑後川を河口に向けて走らせる・・。

風は少し寒かったけど、三拍子も調子よくナイスなドライブができた・・。



帰りは、大川名物の蒲鉾を買って、自宅に着いたと同時にビールの缶を開けていた・・!もう、pm15:00頃にはホロ酔い気分だった・・!

アメリカンな休日の過ごし方に満足の一日となった・・。




“ぐらいする・・・!”出来事・・。

“ぐらいする・・!”久留米弁で“がっかりする”という意味である。
折角、用意をしたのにキャンセルされたり・・とか、一瞬のうちに力が抜けるような出来事の時、この言葉を使う・・。

今朝も結構いい内容の文章を書き込んでいたのに、操作上のミスで消えてしまった・・。保存すればいいことだが、文章を書くときは「ノリ」で書く・・!長々と書くときは「ノリ」がいい時だ・・!「保存」なんか浮かんでこないほど夢中だよな・・!

今朝は、「ぐらいする・・!」思いをした分、その後は良い事があるかもしれない・・。

釜山港へ帰れ・・。part 3

今回、久しぶりに「釜山」に行ったが、国内を旅行するより、断然お得というのは分かっている。ウォン安も手伝ってか今が旬ではなかろうか・・?

30才代の頃はある団体に所属して国際委員会に席を置いていた関係で、
大邱や釜山は公式行事でよく行った。そのころから比べると高速船や
買い物、「韓流ブーム」も手伝って、日本人向けにどこも商売盛んで
ある・・!
九州で温泉に行って、宴会、二次会と流れていっても、そこそこの
金額を取られてしまう。それを考えると高速船を利用して韓国を選択してもそれくらいの予算内に収まってしまう!(パスポート持参は当たり前だが・・。)
今回、写真では紹介できなかったが、釜山の街並みが以前のイメージから格段に変わっていた・・。高層ビル群や港や海雲台に架かる橋、車も
以前みたいに古くないし道も綺麗だった・・。
今度来る時は古都「慶州」にまで足を延ばしたいと思う。

早くしないとウォンも今夏までには、元の水準まで戻るとの予想だ。
“釜山港に帰れ”・・!今が帰り時かもしれない・・!




(関係無いけど韓国のビールです。苦味が少なくて辛い料理にあまり合わないようだ・・。)



釜山港へ帰れ・・。part 2



形だけのカジノとアカスリを楽しんだ翌朝は、名物の「アワビ粥」
サッパリと始める、「釜山」朝の定番だ・・。
アワビの肉が入っていて食感もよく味もいい・・。お勧めだ・・!

一泊二日の弾丸ツアーはお昼の13:30に迎えがくるため、バタバタと
買い物を済ませに国際市場に移動する。ありとあらゆる物が手に入るし
交渉でかなり安く買える。ここでも日本人パワーが炸裂していた・・!




もちろん、韓国はアメリカ式で車線が日本とは逆だし、慣れるまで少し時間が掛かるが、苦労するのはタクシーの乗り降りでドアが自動でなく手動だから、いちいち開け閉めをしなくてはならない・・!自動ドアに慣れている日本人は苦労するはずだ。



最後の締めはコチジャンが入ったチゲスープ定食をいただいて「釜山」食の旅が終わった・・!
血糖値が気になるけどウォーキングの時間を増やさなくては・・。



釜山港へ帰れ・・。part 1

“♪椿咲く〜春なのに〜あなたは帰らない・・♪”と以前、ヒットした
「釜山港へ帰れ」を口ずさむ・・。

久しぶりの「釜山」上陸だ・・。
かれこれ、10回以上は行っていると思う。私が住んでいる福岡県とは海を挟んで一番近い外国だ。最近では高速船の就航で、より早く、快適に
「釜山」へ行けるようになった・・

前回は、5.6年前、知り合いを連れて高速船で行ったが、悪天候で対馬の沖でUターンしてきた。この時は、けが人が出るほどの揺れだった・・。
その時に比べると、今回は往復とも「凪」で、沖でも全く揺れなかった。

3時間を切る位の船旅は、免税のビール(150円)を飲んでいたらすぐ
着いてしまった・・!着後は国際市場周辺を回り、昼ご飯の
「石焼ビビンバ」を食べる・・!



韓国の料理で一番ビックリするのは、なんといってもサービスで出す
キムチを始めとした数々のオカズではなかろうか・?食が進むしビールのツマミにも最適だ・・!しかも、タダみたいだし追加も自由だ。
店の人にビビンバを混ぜてもらい美味しくいただいた・・。



夕飯は定番の「骨付きカルビ」だ・・!ここの店はホテルの横だからかなり日本人向けにアレンジしてあり辛くなく、刺激を求める方からは苦情が
出ていた・・。




野菜やキムチも種類も多く、サービスというのはどこも同じである・・。
ウォン安ということもあってか・・?どこも日本人ばかり・・。特に中年のおばさまたちの買い物ツアーと、飽くなき食への探求心が釜山の街のあちこちで見られた・・。釜山の夜は長く暑い・・!







「LET IT BE 」な日・・。

とにかく、今日は 「LET IT BE」。

なすがまま、あるがままを全て受け入れます・・。

誕生日・・いくつになっても・・誕生日・・。

昨日は、私の母の78回目の誕生日だった・・。

持病の糖尿と膝の痛みくらいで、最近は落ち着いているようだ。
私の糖尿はここからの遺伝ということは分かっている・・。

先日、TVで泣き歌を聴かせる番組を見ていたら、老いていく側から見て
歌った曲が紹介された・・。
感動したし、泣けた・・。老いていくと、思うようにならないし、ましてや面倒を掛ける。誰も好き好んで老いていくわけじゃない!面倒を掛けまいと
すればするほど、だんだんと何もできない自分がいる・・。

そのことを回りが理解して家族として受け入れなければならない・・!
当然のことだ・・!
私なんか、結婚してもずーと同居しているからなおさらだ・・。

我々が生まれた時、食べさせてくれたり、オムツを替えてくれたり、風呂に入れてくれたのは・・紛れもなく「両親」だ!

その御返しを今から私達がするわけだ・・。もっともっと長生きしてもらわないと困る・・。両親がいなかったら私は存在しなかったのだから・・。

無法松の心意気・・!(小倉今未来通り・・)




北九州市の小倉駅前です・・。
仕事で昨日行ってきましたが、我々、県南部の人間にとっては大都会だ・・!

駅前だって、新幹線やモノレール、大きい量販店があり、久留米の街とは
大違いで、商店街も活気がある・・!

「久留米かすり藍暦」もお客様のところで頑張っている・・!ありがたいし、これからもヒットするような商品作りをしなければならない・・!
次回は、小倉の事をより詳しくお聞きするために、腰を据えてお邪魔したい・・。

スケジュールが詰まって多忙な日だってあるさ・・。

今朝から3か月に1度の総合病院での検診に行ってきます・・。

その後は、北九州まで仕事で移動です・・。夕方には久留米に戻って
会合に出席します・・。
詳細は後ほど・・。

遂に久留米井筒屋閉店・・。

先週の土曜日、遂に久留米井筒屋の長い歴史に幕が降りた。
この件については、ブログの中でも何度か紹介したが、個人的にも思い出があり寂しい・・。

久留米人ならば、少なかれ思い出はあるはずである・・。デパートという
言葉を知ったのも使ったのも、ここが初めてであり、そこに行くことが
子供の頃は、ワクワク緊張したものだ・・!

思い出は時が経つと薄れるものだが、そこにある物だと傍を通るだけで
思い出も甦る。物が無くなると記憶もだんだんと薄れていくのだろうか・・?

久留米井筒屋も形は変われど、残ってもらいたい・・!我々の記憶が薄れないうちに・・。


ZX−14 トップガン・ツーリング 「春の風が吹いていたら・・。」



昨日の悔しさと、久しぶりの天気で1人で大分方面に向かう!
途中、杷木インターから高速にスイッチ!高速走行を堪能・・!



九重インターで降り、四季彩ロードへと順調にドライブする。


人気のスポット、夢吊り大橋はパスして長者原にて写真撮影をする。
結構な気温にトイレも近いが、そのまま「やまなみハイウエイ」を牧ノ戸峠
海抜1330mをスルーしたときが一番寒かった・・!



いつものオムライス屋さんで昼食をとり、温泉に浸かり「ミルクロード」を
大観峰をパスしながら、一気に菊池まで下る・・。




途中、数回のトイレ休憩はあったものの、pm15:20ごろには自宅に
帰還しておりました・・。



本当に久しぶりのツーリングでしかも、1人の贅沢な時間・・。
誰もいない温泉に浸かり、英気を養ってきたのは大正解だった・・!
今朝の筋肉痛さえなければ、言うことはないが・・。