<< November 2009 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
 
Latest Entry
Category
Archives
Recent Comment
  • 朝一東京便…。パート4
    藍暦 (04/26)
  • 朝一東京便…。パート4
    モンちぃ (04/26)
  • 「彩藍」さんの夏物展示会に行ってきました・・。
    チーム彩藍一同 (02/19)
  • 春物新作展の2月スタートです・・。(「久留米かすり藍暦」2月新作展示会商戦が始まります・・!)
    四代目 (02/02)
  • 過ぎ去りし“夏”の思い出・・。 (ミルキースマイルの“秋”を迎えて・・)
    藍暦 (09/28)
  • 過ぎ去りし“夏”の思い出・・。 (ミルキースマイルの“秋”を迎えて・・)
    四代目 (09/28)
  • 戦士の休息・・ (“秋色” を求めて。)
    (09/25)
  • 大阪・京都、新都物語 part 3 (平安京の記憶・・。)
    藍暦 (08/31)
  • 大阪・京都、新都物語 part 3 (平安京の記憶・・。)
    四代目 (08/31)
  • 久留米井筒屋 閉店の年  part 2
    藍暦 (08/19)
Profile
Links
Search
Admin
Mobile

TVな一日・・(昇らない太陽な日に“英雄”を見た!)

昨日の日曜日は、結構TV的に観たい番組が目白押しで録画機能を駆使して観る番組を予約していた・・。

スポーツからドキュメント、ドラマまで昨日は多くの話題が登場した日だった・・。たぶん、ブログをご覧のみなさんも多くの方が私と同じだったと思う。ゴルフ、相撲、ボクシングから話題作に続き、ドキュメントまで昼寝する時間も無いほどだったが・・そこは文明の利器「DVDレコーダー」にて対応し有意義な日曜の使い方となった・・。
「歴史ドラマ」も大好きだが、ノンフィクションのドキュメントは大好きだ。
「その奥に何があった・・!」だの「裏側密着取材」なんかは、必ずチェックをいれる・・。

昨夜一番面白かったのは「GPライダー伊藤真一」というNHKの番組だった。今夜も総合でやるらしいが・・メンタルな部分の強さが伝わるし極限の人間の凄さが感じられるいい作品だった。

八百長が付きまとう「相撲」や18歳にオンブされている「ゴルフ業界」、
半分「ショー化」されたボクシング世界戦、前置きばかり期待させて普通の「歴史ドラマ」あたりと違って、毎回のレースに「命」を掛けて挑むしそれだけの危険に晒されている。しかも、大事故後の奇跡の復活を遂げたばかりの42歳という年齢に脱帽するし感動を覚えた・・。

真剣に見て感動するTV番組が減った・・。これから年末・年始になれば、今以上の下らない番組が増えることだろう・・。

今年も後、1カ月になりました・・!。(売りの苦しみ・・。)

急激な円高や行政刷新会議の仕分け作業などが話題のこの11月後半だったが、景気や物の動きは最悪だ・・。昨年も今の時期、同じような事を書いているが悪いレベルが大きく違う・・!それほど今年の景気は悪いようだ。
人は流れていても店に客が入っていないし・・、特別なことがない限り、
余分な物は買わなかったり、行かなかったりしているようだ。

予想が付きにくい今年の後半だが、着々と年末へのカウントダウンは始まっている訳で水面下で値引きやバーゲンに対する思いは下がっているんじゃなかろうか・・?だって、もう早い段階でセールやっているし、年中、割引して販売しているのが、当たり前になっている昨今だから・・。そんなことやっているから、お客さんが入らなくなっているんだろうな・・。

先日、久留米のI 百貨店で11月恒例の「北海道物産展」に行ってきたが、毎回同じ物だし、レイアウトや店の種類など・・いつもと一緒・・!
その割には、お値段は安くない・・!こんなことやっていると客は来なくなるぞ・・!工夫が無いし、「ラーメン屋」さんの内容が変わった位では、
誰も変化は感じないと思う。だって物を買う位なら地元のネットショッピングの方が新鮮だし、確実に安いと思う・・。百貨店側よりお客の方が格段に
進歩しているのが分かってないようにしかみえない・・。こんなことしているから、10%以上の売り上げダウンを続けている業界なんだろうな・・。

多分、年が明けて正月気分が抜ける頃から、相当の厳しい販売不振が
起こるだろうことは想像に値する・・。どこまで辛抱が続くのだろうか・・?


「久留米かすり」の10年後・・・。(久留米かすりブランド化事業での議題)



遅ればせながら、「久留米かすり」も地域ブランドの認定を受け登録になった・・。大変喜ばしいことであり、これから「物作り」の中でどう活かしていくか?がポイントになってくるだろう・・。
そんな中で「どうしたら、どのような取り組みをしたら今以上に「久留米かすり」をアピールできるか・・?」ということを産地の織屋さんや我々産地メーカーの代表で話し合う会議が行なわれている・・。

今回の議題は「久留米かすりの10年後」を考え、それに対してこれからの課題を見つけていこう!的な会議だった・・。

10年後にどうなっているか?は誰にも分からないが、もしかしたら無くなっている可能性もある訳で、今以上に生産性を上げなければ到底難しい
局面になるだろう・・。ここに来て今まで売れている時は効率が良かった
「分業制」という「久留米かすり」独自のシステムが足かせとなっていくようだ。
どこのポジションが無くなっても「久留米かすり」は出来上がらない・・!
まずは、育成するシステムを作って各ポジションの確立を進めなければ
「久留米かすり」自体が生産されなくなる・・!反物がなければ「物作り」も出来る訳がない・・!と同時に織屋さん達に安心して生産してもらうために買い上げるシステムも考えてやらないと生産性は上がらないだろう。

先の会議では、「浴衣的」な使い方をして若い層も含めたターゲットを狙ったらどうか?みたいな意見も出ていたが・・浴衣は得意先が結構係わっているので少しは解るが、夏のたった一日か二日の為に使う金額なんか、
そんなに多くは使わないでしょう・・!しかも中国やベトナムなどで大量に作っている内容たるや、帯から下駄、バックまでセットになっている。昨年など、倒産した会社の在庫処分がなんと500円位の安値で叩き売られてた・・。

もちろん、「久留米かすり」はそんなふうにはならないと思うが、折角、
ここまで洋服や小物などのアイティムが充実しているんだから、これを
生かすような「物作り」をした方がいいかもしれない・・。実際、織屋さんが織っている反物はその殆どが「洋服」を意識した「柄」であり、「色」である。もちろん、その中には「久留米かすり」伝統の「柄」や「色」も
入っているのは当然である・・。

どこまで話し合いが煮詰まるか?乞うご期待です・・。



最近の出来事・・。(季節の変わり目では・・)

ここに来て不幸が続いている・・。私の身内でさえも、今年二件の不幸が
あったが、季節の変わり目、気温の変化が大きなこの時期、その傾向は増えているように思う・・。
特に我々の親世代は、そろそろ80代前後に差し掛かっていることを思えばその兄弟や周りもその世代ということだから当然、確率は高くなることだろう。しかし、医学や食べ物などの進歩で確実に寿命が延びたのは確かだ。もっともっと、長生きして我々に叱咤激励をしてもらわなくては困る。

先日も「アルツハイマー」の原因が徐々に解ってきているらしく、近いうちに有効な薬が出てくるかもしれないとTVで言っていた。!昨日、検診した
糖尿病も、次々に新しい薬が開発されているらしく、低血糖にとならないように薬がインスリンをコントロールするようなことも近いうち出来るらしい・・。

私も50歳を超えてから、そろそろ「自分の寿命とは?」を考える年齢に
差し掛かってきた・・。長生きはしたいけれど、周りに迷惑を掛けないような晩年を過ごしたいものである・・。(まだ早いかな・・?)

なんということだ・・!前の「彼女」がいいなんて・・!

「車」が着てからというもの珍しさもあって、そちらばかり乗る傾向にある
この頃である・・。ということは8月から今まで“ZX−14ニンジャ”には乗っていないということ・・。なんと悲しいことなんだ。たしかに、6年前に“隼”と出会ってからは、寒い日だろうが暑い日だろうが、休日ともなれば朝から夕方まで乗り回して腕を磨いたものだ・・!“隼”を手放すころは後輪の
タイヤが端の方まで使い切っていて、摩擦したゴムが周りに付いていたものだ・・。



二台目の“スポーツスター”もタイヤが擦り切れるギリギリまで走り込んだものだ・・。しかし、今回の“ZX−14ニンジャ”では、2年半を過ぎて
やっと、4000kmを超えてきた位だし、しかも、新車からの初めての取りまわしに多少、遠慮があったのかもしれない・・?

でも、よくよく分析してみると“隼”の方が“ZX−14ニンジャ”より自分に合っていたのかもしれない・・?
パワーはどちらも同じ位だが、細部の作りが“隼”の方が丁寧であり、
塗装であったりシートの作り、グリップの握り具合など・・少し差があるように思うのは私だけかもしれない・・。それに今は知らないが「ヨシムラ」のパーツが選べないのは痛い・・!
“隼”では、納車して1カ月も経っていないのに一番高いマフラーを付けた・・!スタイリングが引き締まったのはもちろん!独特の「サウンド」にその気にさせられたのを思い出す・・!

もしかしたら・・新型“隼”に変更するかもしれない。
先代の“隼”も1月の寒い日に納車されたのを思い出す。

霧の中の早朝散歩・・「幻想的なコントラストを観る。」



先日、お伝えした早朝散歩コースである・・。先週の土曜日の朝は放射
冷却の影響でかなり深い「霧」の朝となった・・。まるで北海道の摩周湖を歩いているみたいだ。湖面から上がる水蒸気も幻想的で、周りの紅葉との
コントラストが絶妙である・・。「早起きは三文の徳」は本当だ。



展示会で、「あっち向いてホイ・・!」

今週は地元のM織物さんの、「春・夏物展示会」が開催されているのは報告したが、これが今週は以外と影響があった・・。

お客様が来店されるのだ・・!「折角、出てきたのなら他も見ていこう!」というところだろうか・・?しかし、弊社の新作展は来年の2月まで予定してないから新作は無いがご来店は嬉しい!産地としても個々に行なう展示会を合同でやるとかしないと、アピール度も違ってくるかもしれない・・。

そんな中、お客様の来店も徐々に少なくなっているようだ。もちろん!景気の動向やその他の要因もあるのだろうが、先物の受注展や展示会という形式では現在の需要状況では、先の見込みが解らないのが正直なところだろう。
作る側からすれば、少しでも売れ筋を把握したいところだろうが・・現実はそんなに甘くはないようだ・・。
かといって、現物展や時期にやる展示会では作る側にも数のリスクが付きまとう・・。どちらにしても「物作り」は大変だ。


あったかい藍暦謹製 “綿入り袢天”・・(好評販売中・・!)

弊社人気商品の一つ“綿入り袢天”である・・!ここ最近の寒さで売り上げ好調だ・・。特に不況に強く、景気が悪い時の方がよく売れる・・!



昔の人の「知恵」というのは凄い!こんな暖かな防寒着を手作りで作ってたのだから・・。
直営店では、いろんな手作りの袢天をご用意しております・・。どうぞ
ご利用くださいませ・・。




英雄列伝 part 2 私的 「上杉謙信」 思考 (天と地と・・。).

戦国の武将ブームらしい・・!しかも、若い女性に甲冑や刀剣などのフィギュアや漫画が多く受け入れられているという・・。

まぁ・・!ブームというものは、そう長く続かないかと思うが私の場合、元来、好きだから仕方がない・・。戦国時代は、多くの武将が出てきてこちらとしては楽しいが、やっぱり徳川家康や豊臣秀吉、織田信長の三傑が一番有名ではなかろうか・・?この辺は入門編として誰でもご存知のところだろう・・。

今回は大河ドラマ“天地人”でも登場する「上杉謙信」公を紹介してみたい・・!あくまで私的だけど・・!

現在の新潟県上越市の直江津と高田の間に「春日山」はある。登り口は広くないが、小高い丘が山の方に向かって急に傾斜がでてくる。途中の上杉神社まで車で上ったが駐車場の上に「謙信公」の銅像が迎えてくれる!そこから徒歩で毘沙門堂まで歩いていったことが、ついこの前のようだ・・。

戦国時代は何処の領地もいっしょだが、親戚や兄弟で領地の奪い合いや醜い争いが頻繁に起こって一国を統一するのは至難の出来事であったろう・・。越後も例外ではなく守護大名とは名ばかりで豪族達が多く覇権を争っていたらしい・・。景虎(謙信公)の兄が守護に就いてからは、なおさら、国は乱れたようで景虎に変わってからは天才的な軍略家のもと結束していき、戦国時代最強の軍団を形成していく・・!謙信公が凄いのは、自分の私利私欲のため動かず、最近流行りの「義」によって動くことである・・。度重なる「関東遠征」甲斐・武田との5回の川中島合戦など、領土を拡げるための戦いなどしていない。

素人考えで、よく軍資金が続くな?と思うが、領地内に佐渡があるし、北前船による商売なども盛んだったらしい・・。塩が手に入らなかった「武田」とは大違いだっただろう・・。
謙信公亡き後、跡目争いが起こって・・というのは現在の「天地人」で放映されているところだが、豊臣時代の130万石から生き残ったとはいえ30万石の厳封は相当堪えただろう・・。毛利藩なども同じだっただろうが、300年後、維新の爆発となって近世の日本を作っていくのであるが、歴史の流れを感じずにはいられない・・!

なにも有名なスポットに行かずとも・・。(身近にあるナイスロケーション!)



先日、お約束した自宅の裏山の紅葉を紹介しましょう・・。
毎朝の散歩で定番の道ですが、四季折々の風景を楽しませてくれます。毎朝見ていると、私の方が元気を貰います。自然って素晴らしいですね・・!



湖面に映る紅葉は美しく、温度が低い朝は湖面から水蒸気が出て幻想的な風景を見せてくれます・・。ときたま、カワセミが停まっているところにも出くわしますし、私の一日のスタートに欠かせないパワーを貰う散歩です・・。

今朝の気温は6℃だった・・!(しかし、もう来期は始まっている・・!)

朝からあいにくの雨である・・。しかも冷たい雨である・・。

「釜山」の射撃場での火災では多くの日本人が犠牲になった・・。心よりご冥福を祈る・・。3月に行った「釜山」も彼らと同じコースだったことを思えば他人事では無いように思う・・。それだけ九州からの便利は良くウォン安もまだ続いている現在、大勢の日本人観光客で賑わっている。

今週は、恒例のM織物さんの展示会です。もう来年の「春・夏商品」の登場ですが今日の気温は正反対で、これから真冬に入っていくことを思えば少し変な雰囲気ですが、頑張って目利きをしてきたいと思います・・。

収獲の秋・・ 「久留米農業祭」・・。



土・日と各地でイベント大盛況だが、地元「久留米の農業祭」に行ってきた。
結構、盛況で人も多く、食べ物や農産物が安く販売されていたり、体験型のコーナーも子供達に人気で長い列が出来ていた。農業高校の物産コーナーはいつも人が多くジャムや野菜などがよく売れていた・・。
僕も美味しそうな「みかん」を買ってきたが少し酸っぱかった。しかし、住んでいる周りで、沢山の食べ物が生産されているということは、いつでも新鮮な食材が手に入るということだ・・。これって結構重要なことではなかろうか・・?


“かすりの里巡り”IN 筑後 途中経過報告・・。 


今朝からの雨も上がって、素晴らしい天気になりました。
「JR九州のウォークラリー」とタイアップしての「かすりイベント」として大盛況で、多くのお客様で賑わっていた…!本部には食べ物の他に「足湯」まで用意されて、歩き疲れた人達を癒していた。





益々、「久留米かすりファン」が増えそうである・・。

英雄列伝 part 1 私的 「宮本 武蔵」 思考 (一匹狼の一生)。

あれは、小学校の5年生位だったろうか・・?当時、TVで「宮本武蔵」をやっていて、歴史大好き人間の私は父親に頼んで初めての歴史小説を買って読んだ。吉川英治の「宮本武蔵」だ・・!

当時は漢字と内容の深さで、ろくに読んで無かったと思う。それからというもの何回も違う配役でTVで放映されるし、映画や漫画など幅広く我々日本人の心を掴んで離さない永遠のヒーローだ・・。しかし、歴史英雄の名前ランキングでは、下位の方にランキングされている・・。その破天荒な性格と一匹狼的な様相、晩年は非凡な才能を芸術の分野で開花させるが、いかんせんイメージが振り払えない・・。一匹狼的な剣豪が生きていく時代が終わりを告げた瞬間だ・・。その後、徳川時代は300年の安定と平和を続ける。

「武蔵」が生まれたのは諸説あって、岡山(美作)という説と、兵庫
(播州)という二つの説があるが、17歳で関ヶ原の戦いに参戦し負けを経験し、そこから、自らの荒修行を得て、人間的に成長していく。吉川小説では、「沢庵和尚」や「お通」「又八」などの人間に触れながら成長していく。

しかし所詮、一匹狼!眼に血を滲ませながら決闘に明け暮れて、生涯60回以上の戦いが続くが・・そこで得たものとは、行くところも無く、食べることさえままならぬ時代に取り残された英雄の姿でしかなかっただろう・・。

晩年は肥後細川藩の食客として過ごすが、いわゆる「居候」なわけで見兼ねた細川公が手を差し伸べたのだろうか?そんな中で、「武蔵」は「乾坤一擲」有名な「五輪書」を書きあげ、その直後没している。

どんな思いでこの書を書いたのだろうか・・?地・水・火・風・空という五つのキーワードを残した「武蔵」・・!TVや漫画の世界では描けない「武蔵」の「無念」が詰まっているのかもしれない・・。

“かすり”の話をしましょう・・! part 2 (産地の団結とPR・・)

先日、時を同じくして久留米の織物産地をPRする出来事があった・・!

二つの業者がローカルTVで今、行なっている新しい試みや、今が旬のアイティムなどが紹介された・・。業界としてはありがたいことで、取材された個別なところだけ売れていくとか、細かいことは関係無く、業界全体をアピールして生産を上げることのほうが重要だ・・。

それだけ、「久留米かすり」全体の生産数は激減しており、「死活問題」である。個々がチマチマして売るんじゃなくて、業界全体でステップアップしていかなければいけないところまできている・・!「絶滅危惧種」のリストに載る日も近いのかもしれない・・。





インフルエンザの猛威・・(今後の対応やいかに・・?)

今から寒くなる季節なんだが、今年は異常な気温で暖かい日が続く。
この気象条件が凶とでるか?これからが目を離せない・・。週末は寒くなる恐れもあり、この分では一気に新型インフルエンザが広まることになりかねない・・。これからがシーズンなだけに心配だし、ただえさえ物が動いていない時期に、これ以上悪くなる消費に拍車を掛けるんではなかろうか?

人が集まる所では結構、マスク姿が目立つようになってきた・・。日本では発症して死亡するケースが低年齢化しているらしく、持病を持たないケースでの死亡も多く報告されているらしい・・。病原体が変異しているのだろうか・・?ワクチンの摂取が始まっているものの、私達まで回ってくるには
相当、時間が掛かることだろうし、かといって出張や展示会を中止するわけにはいかない・・!今後の推移を見守りながら対応を考えていく・・。

久留米地区では、学校閉鎖や学級閉鎖など以外と多いし、福岡県全域でも他と比べると多いらしく患者数が全国で三番目に多いらしい・・。
基本的な行動で予防に心掛けることが重要だ・・。

心から手を合わせる・・part 2 (少し早い急逝)。

先週の土曜日。 長いこと病気を患っていた「叔父」が他界した・・。
まさか、こんなに早く逝ってしまうとは正直思わなかった・・。68歳だった・・。

今年も頑張って越してくれるものと思っていただけに残念だ・・!
弊社が主力の「綿入れ袢天」や「かすりモンペ」だったころは、縫製を総て受けおってくれていた・・。口数は少ないが、黙々と仕事を続ける職人気質の「叔父」だった・・。

日曜の通夜の時に始めて知ったことだが、青少年の生活指導員や補導員を長くボランティアで務めていたらしく、地域の人達からの信頼が厚い人柄だったようだ・・。私達の前では、そんなことは口に出さない「叔父」だっただけに驚いた。
お通夜の弔問客の多さが故人の「人徳」を偲ばせる・・。

口では、もっともらしい事をいう人が多い中、長きに渡って地域の為に頑張って、行動してきた「叔父」を改めて誇りに思う・・!

もう、体も痛くないだろうからゆっくりと安らかに眠ってください・・。

合掌 礼拝・・。

この温度はなんだ・・!(逆氷河時代到来の前兆)

昨日から気温の高さは異常だ・・!11月も中旬にも差しかかっているのに25℃前後の気温では話にならない・・!もちろん!これから入っていく冬物商戦は苦戦するだろう・・!季節商品にしろ、お歳暮にしろ、もう百貨店などでは買わなくなった・・。

先日もネットで調べていたら家電のTVが量販の価格より、更に10万円安いし、ちゃんとエコポイントも保障も付いている・・!もちろん!最新型である・・!全てのものがこうゆう調子だから、更に販売店は淘汰される時代に入ってきたのかもしれない・・。

ハーレーリターンズ (次へのステップアップ・・!)




もう、随分とバイクに乗っていないように思う・・。最悪だ・・。

今、残っている「ZX−14」ですら、8月より乗っていない・・!これを残しているのには訳があって、唯一新車で購入したマシンだからです。しかも、以前「ハヤブサ」に乗っていて売却した後、あのスピード感が忘れられずに購入した経緯があるから手元に残していますが・・ハーレーをこの秋に手放してから、あの“カスタムマフラ−”の重低音が、以上に懐かしく・・遠くで聞こえるバイクの音に聞き入っている今日このごろです・・。

周りを見渡してみてもハーレーを手放したのは私だけみたいだ・・しかし、高年式ならまだしも、こなれた年式ではこの不況が続く
限り二輪は下取りは厳しそうだ!特にハーレーは、今までにかなりの台数を販売してきているので、この不況の中、維持できなくなり売却するケースが多いと「赤男爵」では言っていた・・。しかも、カスタム車は尚のこと査定が低いらしい・・。売るにも維持するにも大変な時代になってきたというところか・・。
でも、また、いつかは「ハーレーに」帰るつもりだ・・!
今の「ZX−14」を売却したら最後のバイクとして「サンダンスXR」に乗る夢は諦めていない・・!

はて・・?たった一日で・・。(気温の変化の上下)

今朝の気温15度・・。2日前は寒気団の南下で6度だったのに・・。
こうも気温が違うと、着る物を引っぱり出して着たり脱いだり・・大変だよ!体調もコントロールが効かなくなって風邪や、インフルエンザなど掛かる人が増えてくるかもしれない・・!
みなさん!充分に体調管理だけは気を付けましょう・・。

毎日歩いている裏山の「紅葉」もかなり進んできました。銀杏やモミジも段々とそれらしくなってきています・・。近いうち写真もアップしましょう。


なんてたってアイドル・・! part 2 (ブス姫とお内裏様編)




福岡・天神の「藍暦ギャラリー」のアイドルは先日お伝えしたが、今回は久留米本社の入口で、微笑む1組のカップルをご紹介しましよう・・。
「ブス雛」です・・!ちなみに金額は16万円を超えます。前回もそうですが、使っている材料がどれも凄くて、もちろん!全て手作りなので、この値段でも私的にはお安いと思います・・。
シーズンになれば福岡店の方に展示いたします。鹿児島店の方もシーズンの展示物を置く予定です。お楽しみにお待ちください・・。

筑後市 “かすりの里巡り” 秋編予告・・。

春にも行なわれている、筑後市の“かすりの里巡り”秋編が11月14日〜15日にかけて開催されます・・。

晩秋の筑後路を歩きながら、「久留米かすり工房」を巡ってみてはいかがですか・・?又、後日、当日の様子などをブログ上でお伝えいたします。
ご期待ください・・。

今期一番の寒さ到来・・。(大陸生まれの寒気団来襲・・!)

先日から、今年一番の寒波が列島を包み込んだ・・。
例年より二週間位早い、冬の寒波の南下だ・・。関東では「木枯らし一番」が吹いたというし、他でも「雪」や「冷たい風」が例年より早かったようだ。
このまま寒くて、冬物が順調に推移してくれればありがたいが・・!

これで一気に「紅葉」が平地でも進んでいくだろう・・!名所・旧跡には素敵なコントラストで美しいことだろう・・!さて、今月は何所に行こうか・・?

アウディ伝説再び・・part 2 (究極の選択S6・・。)

今日から11月の仕事が始まった・・!寒波の到来と共に忙しくなることを祈るだけだ・・!

さて、長いこと掛かった次期愛車購入も 実を言うと既に決着済みということをご了承願いたい・・。
「アリストV300」も12年の期間、私の足となり活躍してくれた。決して不満があるわけじゃないが前回の車検の時サスペンションが限界で交換したしタイヤも新しくした。しかし、全体の劣化は否めないし、ミッション系のトラブルも発生してきたタイミングで、車検一年残しで売却することになった。
さて、候補車となると以前からブログでもいろいろな車をご紹介してきたが最終的に数台に絞ってみた。
「レクサスGSハイブリッド」、「クラウンハイブリッド」、「アウディA&Sタイプ」、「アルファロメオ」などである・・。
レクサスLSとベンツに関しては、デカイのとオジサン車という理由でボツ!GSとクラウンは最後まで悩んだが、GSは中古のしかも年式と装備が折り合わない。クラウンはオジサン臭いしな・・とそんな時、いつも見ているネットで、「アウディS6」の中古を見つけた・・!しかも、年式も新しく、走行距離も少なめだ。金額も定価の半額でかなりお買い得感がある!クラウンハイブリッドを新車で買うのとGSを中古で買うのとあまり変わらないことを思えば、これはいいかな?と思えて早速、現物を見に行った・・。
走行距離もかなり少なめで、三年落ちの高年式!しかも、禁煙車で室内も綺麗だ。もちろん!不況の影響で価格も下げ幅が大きい・・。私の車を査定してもらうと思ったより高額な下取りとなるのもプラス要因だ。今まで大事に乗ってきた賜物に違いない!結構、心が動く・・!

ここ数年、「変革」の文字を掲げて社内のレベルアップと物作りに取り組んできた。困難な出来事も少しつづクリアしながら現在のところまで来ることができた。社長になってから、がむしゃらに「改革改善」を実行してきたし国や県の助成も業界では、割と早くから勉強してアピールしてきたと
自負がある・・。そんな中、車の中古位はいいだろうと考えてもみた。

ということで、10月の第二土曜日、私の誕生日の二日前の「大安」に納車されたことを報告しておきたい・・。
しかし、4年目となる中古だから、さして珍しいことは無いかもしれないが・・?

長いこと、次期愛車選びにはお付き合いいただき感謝しております。その間いろんな車を見たり試乗したりと、大変、有意義な時間を過ごせたことは「幸せな時間」だったのかもしれません・・!
これからも今回の愛車を大切にしながら長いこと付き合っていきたいと思います・・。
ということで、「車」のお話はブログでは、ひとまずこの辺で「お開き」といたします・・。