<< May 2010 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
Latest Entry
Category
Archives
Recent Comment
  • 朝一東京便…。パート4
    藍暦 (04/26)
  • 朝一東京便…。パート4
    モンちぃ (04/26)
  • 「彩藍」さんの夏物展示会に行ってきました・・。
    チーム彩藍一同 (02/19)
  • 春物新作展の2月スタートです・・。(「久留米かすり藍暦」2月新作展示会商戦が始まります・・!)
    四代目 (02/02)
  • 過ぎ去りし“夏”の思い出・・。 (ミルキースマイルの“秋”を迎えて・・)
    藍暦 (09/28)
  • 過ぎ去りし“夏”の思い出・・。 (ミルキースマイルの“秋”を迎えて・・)
    四代目 (09/28)
  • 戦士の休息・・ (“秋色” を求めて。)
    (09/25)
  • 大阪・京都、新都物語 part 3 (平安京の記憶・・。)
    藍暦 (08/31)
  • 大阪・京都、新都物語 part 3 (平安京の記憶・・。)
    四代目 (08/31)
  • 久留米井筒屋 閉店の年  part 2
    藍暦 (08/19)
Profile
Links
Search
Admin
Mobile

月末の週始め・・・。(芸術的休日の過ごし方)

最近の週始めは、以前みたいに「シックリ」いかない・・。
体調が悪いのと、「バイク」の件がスッキリしないと、素直に喜べないのが正直なところだ。

昨日の日曜日だが、何もしたくなくて結構、時間を持て余していた。でも、朝には、車の洗車に行ってきたし、午後からは久しぶりにTUTAYAに行ってDVDを借りてきた・・。「アバター」は先日、チョコット見たが・・我々世代では、もう付いていけない感じがして途中、諦めて見ていない・・。

やっぱり、時代劇か戦争物、SF系は大好きだから、話題作は少ししてからチェックしている・・。でも映画だけじゃなく芸術的センスを磨くため、
美術館や博物館巡りは楽しいが、地元にいるとどうしても「おっくう」になって行きそびれてしまう・・。もっと「センス」を高めなくてはいけないのにね・・。



“はじめての出来事”・・「桜田淳子」という青春。

実は、同い年・・!
テレビ番組の「スター誕生」で受かって歌手になった人だ・・!
特別に歌が上手い訳でも無く、独特な「鼻」に掛かった声は意外と「耳」に残る・・。
秋田出身だと思う・・!色白の目鼻断ちのハッキリした「顔」は、その当時の歌手の中ではピカイチだった・・!
でも、ヒットに恵まれなく消えていった・・そんな彼女も私も52歳になろうとしている・・。

昨夜、彼女を代表する曲“はじめての出来事”を聴いた・・!
「♪ 口ずけのその後で〜おしゃべりはしないで〜♪泣きだしてしまうかも?それほど心は揺れている〜♪・・」

という内容だったと思うが・・なんとも言いようのない「懐かしさ」と「切なさ」が込み上げてきた・・と同時に当時を振りかえる「自分」がいる。
多感な中学の頃だ・・「懐かしさ」と「バーボン」に心地よく酔った“夜”となった・・。


“kawasaki乗り”・・(変わった奴や、拘る奴の代名詞かもしれない・・)。



(愛車ZX−14です・・。バックはもちろん!阿蘇五岳。)


“kawasaki乗り”というのは、川崎重工業製のバイクを愛用している人達のことだ・・。もちろん!私もその1人だが・・愛車の「ZX−14」は、紛れも無く“kawasaki製”である・・。

川崎重工業は、新幹線や飛行機、軍事用品に至るまでをリリースする  巨大な企業体だ・・。バイクも歴史が在り高校時代に乗ったバイクもここのバイクだった!もちろん、他のメーカーのバイクも乗ったが、個性的なルックスや荒削りな仕上げが当初より、「“男”カワサキ」として定着してきた。

何気なく本屋を覗いていたら、その“kawasaki乗り”の特集が組まれていた。「Z軍団」しかり、「ZRX軍団」しかり、以前は「マッハ軍団」や「W]愛好者など個性派揃いだ。
今、乗っている「ZX−14」は久しぶりに新車で購入したから、思い入れも有るが、新車ですら全体の作りの“荒さ”が目立った・・。塗料の剝げや  ゴムの劣化が早いし全体の作りが「ショボイ」のは想定内だったが、今年最初の車検を向かえるが、そんなことは全く影響は無いのは当然だ・・。
何時、売却するのか?最近考え始めたが、“男カワサキ”という言葉と、“kawasaki乗り”という言葉に「感動」を貰っている今日この頃です・・。

これからの景気の動向は・・。「ミルキースマイルの季節に向けて・・」

こんなに寒くて「夏」は来るのだろうか・・?
ここ最近は、風が強く肌寒く感じられるのは“私”だけじゃ無いはずだ・・。

新作の投入でなんとか売り上げは落ちてないが、内外の不安定要素が  これ以上拡大すれば影響が出てくるかもしれない・・。

しかし、今がどんな状態だろうが、来るこの「秋・冬」に向けての準備は
シッカリとやっておかなければならない・・。特に新作の企画は例年以上にアイティム数を増やしているため動いてもらわないと・・。

まぁ、他社と比べて「在庫」や「店舗」、ましてや「掛け率の乱れ」など無い分、“身軽”にやっていけるから助かっているし、歯車が狂いだすだけの
「人間」が多くなく“企画”しているのがいいのだろうが・・。いつも言っているように身の丈に合った「分相応」にこれからも責任を持ってやっていきたい!ご期待ください・・。

突然の腹痛・・。(身体中の水分が抜ける・・)

昨日の午後から急に腹痛が起った・・。昼食を食べてから何か腹部が
「グルグル・・」いいだしたなぁ・・と思っていたらトイレに座った途端、身体中の水分が抜けるような“下痢”におそわれた・・。

それ以降、身体の“力”は抜けてフラフラするし、少し「微熱」まで出てきた。食事の際、何か食べ物に中ったか?それとも“風邪”の症状なのか?
今朝になっても、相変わらず症状は変わらない・・。

会社には定刻に出てきているが、これから医者に行ってこようと思っている。皆さんも季節の変わり目、身体には充分気を付けてください・・。

昨日から、食事らしき物を口にしていない・・。そんな中で、身体の水分が外に出ると肉体的にキツいし、「微熱」による影響も効いてくる。体力が元に戻るのに時間が掛かるかもしれない・・。

「久留米かすり“藍暦”」新プロジェクト・・。part 2

新しい企画、「久留米かすり“藍暦”」のアイコン柄で作った、バックです・・!ちなみにお値段は驚きの3675円の税込価格でご提供いたします・・。




中々の出来である・・!その後も次々とアイティムが出来上がってくる予定だ・・。
内容をお知らせ出来ないのが悔しいが、もう少しお待ちください。スタンダードに拘った「藍暦」ならではの“形”をお見せ出来ると思います。



大雨洪水警報・・(梅雨近し・・降雨情報にご注意を!)。

土曜日から日曜日に掛けて、凄い量の雨が降った・・!昨年は「宇部」とかで土石流の被害が起こったが、今年も同じ時期に入ってきた・・。

久留米地方は現在は小雨だが、これから前線は東の方に移動し始めたようだ。九州から東の地方の方々は十分注意をされてください!

結構な「雨」が昨日は一日中降っていた・・。折角の日曜日なんだが、何処にも出ない・・と思うが、丁度、この日は「絣組合」の年に一度の総会だったので、降りしきる「雨」の中、今回も目的地の唐津まで車を走らせてきた。
「S6」で行くのは今回が初めてであるが山越えで、しかも、“豪雨”で
帰りは電気もまばらな暗い夜道ときている・・が、最新の「ナビ」のお陰で  最短のルートで往復が出来、しかも「雨」の日、“峠で雨”という条件に
最適な「クアトロシステム」が組み込まれた我、「S6」は素晴らしい
「走り」で驚くような時間で全てを走破しておりました・・。

速く帰って来たおかげで今朝は、爽快に仕事をしております。

ハーレーダビッドソン・スポーツスター1200S 復活のプロローグ



(在りし日の1200Sです・・。)

以前から東京にあるカスタムショップ「サンダンス」の拘りの物作りに共感があったし、今回の“1200S”にも、ここのパーツを数点使っている関係で、キャブやマフラーの立ち上がりや重低音など、いっぺんで「ファン」になってしまった・・!

しかし・・25日の事故でそれを楽しむことが出来なくなってしまった。
そこで、いっそのことエンジンを「カスタムしようか?」ということを考えだした・・。幸い、“1200S”というベースもあることだし、保険の
問題がクリアでき次第、決断に踏切ろうかと思っている。市販のパーツを
組み込んで付け替えるのだけならまだしも、最も難しい「エンジン」内部まで手を加えるのは、誰にでも出来るものではないし、企画、販売している所でセッティングをしてもらうのが一番だと思ってのことだ・・。

東京に行ったとき、ギリギリの時間の合間を縫って、用賀の「サンダンス本社」に行ってきた。
有名な「環八」添いだが、このお店の前だけ、「緑」があって爽やかだ!
しかし、この「緑」が田舎から出てきて、駅から歩いて来ている私にとって店をカモフラージュする厄介ものだった・・!近くまで来ているのに場所が解らず、そこだけ「緑」で解らなかっただけで、ずーと三軒茶屋の方まで歩いていた・・。なんかオカシイなって思い、近くの外車専門店で聞いたが、色良い返事無い。思い切ってそのまた隣の展示場の綺麗な受付のお城さんに尋ねた・・。もうここまで汗だくである・・。見兼ねたその子はネットから地図をプリントしてくれた。丁寧にお礼を言って地図を見ると、ついそこだった・・。「新緑」に悪戯されたかんじだが、ここは「よし」としよう・・!
さて、中に入ろうとすると、なにやらスタッフの方が電話機をもって話ながら店の外から中を覗いて話していた・・。よく見ると女性である。電話も終わったので「道に迷って・・」と状況を話しながら、話題はどんどんいろんな事に及び、今回の私の最大の目的である「スーパーXR」のことも、かなり突っ込んだ内容のことまでアドバイスを受ける!社長の柴崎氏がその間、  来客中ということもあってか、そのまま話を聞いていると渡された名刺には同じ「柴崎」の名前が・・!「奥さん」だったんだ・・。道理で何でも知っているって思ったよ・・!でも、とても気さくな方で話やすくてよかった。程なく、柴崎氏と話をするが、なんと同い年・・!一遍で距離が縮まった!「顔」は恐いが、技術屋の誇りに満ちた「いい顔」をしている・・。日本製に拘り、今まで「日本」を支えてきた職人の手でここの「パワー」も出来ているんだと聞き、我々の「久留米かすり」と相通じるものがあるように感じた・・。
やっぱり、素晴らしい一品には「職人の拘り」「伝統」が必要なのはどこも同じであった・・。

これから、どう展開していくか?「期待」と「不安」でいっぱいだが、保険の適用手続きに時間が掛かりそうだから簡単に進めそうにないが、事の成り行きは逐イチご報告することを約束しよう・・!
さて、つい話に夢中になり、挨拶もソコソコに駅へ向かい電車に飛び込む!PM16:00の飛行機に滑り込む・・。機内では、いろんなことが整理付かず「ボー」としていた・・。東北から始まった今回の出張だが、移動距離が半端じゃなく、しかも極端な気温の変化まで手伝ってか?ここ数日、体調が悪くなっているのは分かっているが、いろんな事が交錯して「力」が抜けたような感じになったようだ・・。

M織物さんの展示会・・(気分は“秋色”・・。)

今週は、恒例のM織物さんの「秋・冬展示会」が開催されている・・。
まだ、夏にも達していないこの時期なのだが、糸から製品まで手掛けている会社では、今頃から新作を展示して客先の動向や、傾向をリサーチして、これからの生産に繋げていきたい考えだろう。

弊社のやり方と違うのは、会社の大きさもさることながら、数を全国に捌ける流通網を持っていることは強い・・!
「久留米かすり」という糸から反物に成るのに3か月も掛かる織物を使って仕上げていく  弊社とは違って当然だ・・。昨日は、「お客様」の流れが弊社にまで及び、有難いことにその対応に追われておりました。しかし、  日本全国から来られるお客様が多いということは、我々もいつも「励み」になっておりますし、目標でもあります・・。

久留米地区織物産地の活性化の為にも、お互い今以上に協力して“切磋琢磨”していかねばならないところだ・・・。

「久留米かすり“藍暦”」進化論・・。

長いこと続く、低温がひと段落すれば今度こそ「夏物商品」の登場だが、
今年は、ちょっと様子が違うようだ・・。春物が低温続きで売れない中、いくら「夏物」に移行しても勢いは変わらないかもしれない・・。ひょっとして、  バーゲンの前倒しで「夏物」も危ないかもしれない・・という憶測が
流れると大変だ!いっそ「秋物」に勝負を掛けてくるところも多いかもしれない・・。
「久留米かすり」商品にいたっては、流通する数が少ないのもあるが、“バーゲン”まではしなくてもいいし、流行の形や季節に囚われない商品と思っているが・・こうも情勢が悪いと「掛け率の乱れ」「貸し出しの増加」など様々な問題も出てきつつあるみたいだ・・。こんなことする所は  決まって、在庫を大量にもっていたり、商品に不具合があるところだ・・。   この辺の「レベル」と競う「藍暦」では無いが・・

そんな中で我、「久留米かすり“藍暦”」も進化していかねばならない。
かといって、「久留米かすり」の聖域まで変化しようとは思わないが、何か異次元の世界を体感したい気分だ・・。どの方向にチャレンジするか?楽しみにお待ちください・・。




「レクサス」のリコール・・。

また、「トヨタ」の事件である・・。

以前にも話したが、結構「トヨタファン」である・・。
今まで乗り継いできた「車」の殆どが、それであるように「信頼」と「信用」は変わらない・・が、「プリウス」に対するアメリカ側の“ヤッカミ”は例外としても、昨年から続く「レクサス」系のトラブルは頂けない。

今回のトラブルは、人的ミスのような感じさえするのは私だけだろうか?
一番、安全でなくてはいけない操作関係の不具合・・しかも、プログラムの付け替えという初歩的トラブルでは、1000万円以上もの大金を出して
買った「オーナー」は憤慨するだろうな・・。
今朝の新聞に出ていたが、今年になって不具合は分かっていたみたいだが、販売店は「異状無し」ということだったらしく、得てして「コンピューター」なんかに頼っている弊害だ・・。
鳴物入りで始まった「トヨタ」の“高級車戦略”の結末が見え始めたようだ・・。誰も「高すぎる欠陥車は買わない・・。」

私が昨年の車選びを、中古の「アウディ」にしたのは今、思えば大正解だったようだ・・。「高性能・高品位の車をしかも、安く買う!」車好きの“真骨頂”だろう・・!



東京・・二つのタワー物語。




羽田から北へ向かっている飛行機からの景色だ・・。
川は、荒川か江戸川、隅田川だろう・・。たぶん!近くに今、話題の“東京スカイツリー”が見えているんだろうけど、運悪く「翼」が邪魔して確認できなかった・・。まだ、半分も出来ていないのに周辺では休日ともなれば、大変な人出だそうだ・・。



こちらは元祖「東京タワー」である・・!以前にも書いたが、私と同い年の今年52歳だ・・。
近くのホテルに泊まっていたので、ライトアップしたタワーを見てきた。
誰が何と言おうと東京の「シンボル」であり、観光スポットだね・・!

二つのタワーが同時に見れるまであとすこしだが、パリの「エッフェル塔」がそうであるように、街の「シンボル」として長く人々に親しまれ続ける  「二つのタワー」であってもらいたい・・。

新緑の中での休日・・。(東西せいろ蕎麦・うどん対決・・)




やっと新緑の似合う気候になってきた・・。久留米から車で1時間ほどの所に、うっそうと茂る新緑が綺麗な中で、古民家を利用した「蕎麦屋」がある。




今回の注文は「地鶏せいろ蕎麦」であるが、森の中で食べるなら、
暖かい「付け汁」がまだいいと思った。「付け汁」といえば、先週、訪問した東北の「稲庭うどんせいろの比内地鶏付け汁」も美味しかったな・・。



ここ最近、「せいろ付け汁」での食べ方にハマっている私です。

今日は5・15事件の日・・。

1932年の今日・・帝国陸海軍の青年将校に依って時の首相、「犬養毅」が官邸で暗殺された・・。
1929年の「世界大恐慌」から1931年の「満州事変」など、歴史の
大きな転換期を向かえる時代の中で「日本」は世界から孤立化し、戦争への「道」を辿るのであるが・・。
今の「日本」はどこに向かって進んでいるのだろうか・・?

「坂本龍馬」という時代・・。

昨今、某国営放送のお陰で大人気の「坂本龍馬」ではあるけれど・・実際は、司馬遼太郎さんの小説に依ってクローズアップされるまでは、どこの誰みたいな、さほど有名じゃなかったかもしれない・・。
もちろん!司馬さんのことだから膨大な資料の中から事実を基に編さんし、今日の我々が抱くような「龍馬像」に仕上げていったのかもしれないが、この仕上げ方が「日本人」の心に共感を呼んでいるのだろう!

・・しかし、私的には、この如何にも英雄的な態度や自由奔放な性格は好まない・・。幕末のどっちに転ぶか?解らない緊迫した状況の中、この破天荒な性格の男がどこまで入り込んでいったか?不思議だ!実は些細な事にでも敏感な性格の世渡り上手なのだろうか?かなり以前に話したが、私は「新撰組」の「土方歳三」の方が好きだ・・!時代の波に翻弄され、  落ち目の“幕府”に良いように使われ、それを最後まで信じ抜き、生き続けた生涯は“男”としてかなり魅力的だ!

「龍馬」的には近代国家を形成した後のことまで考えていて、しいては、  国外から見た「日本」のことまで考えていたのかもしれない。・・が、
「土方」はというと、「新撰組」を守ることが精一杯で、相次ぐ仲間達の
離脱で尚更、1人だけ追い込まれていった感が強い。必死で生き続けた  「執念」すら感じとれる・・。
しかし、「龍馬」は姿や性格は奔放でも、裏に秘めた最も大きな仕事は、案外英雄像とは程遠いかもしれない・・。何故?「長崎」で会社を興したか?ということだ・・。英国人「グラバー」から武器を買い付け日本中に売り捌いていた「武器商人」という顔を持っていたという・・。

そうした背景から、「暗殺」という結末を向かえるわけだが、いろんな所に「顔」を突っ込んで凄いことを言うが、裏では「武器」を売り捌く。私が「藩」の重臣なら一番やり難い相手かもしれない・・。だって、表と裏が違い、何処と誰と、どう繋がっているか?全く解らない存在だからだ。ましてや、時の形勢を左右する「新式銃」を敵に売られでもしたらと心配事は絶えないだろう・・。「薩摩」、「長州」、「土佐」ら雄藩だからこそ、そう思っただろう!そこまで考えさせられる「龍馬」という“男”が、もう少し長く生きていたならば・・「日本」は大きく変わっていたかもしれない・・。

しかし、何度でも言うが、「司馬先生」の物語中の「龍馬」が1人歩きをしているようでなんとも言いようがない・・。実際、こんなに「清々しい“男”」だったとはどうしても思えないのは私だけだろう・・か?
単なる、「福山龍馬」に対する“ヤッカミ”はあるかもしれないが・・。

“汽笛一斉”新橋を〜♪

…って歌ってたのは昔。
待ち合わせの人、人、人。


なんと寒い!東北はまだ冬空。

昨日より東北地方を廻っていますが…越後の時もそうだったが、
決まって天気が崩れ、寒い冬に戻ったみたいだ。
昨日も10度位の気温で、今朝も変わらずである。
しかし、頑張るのみである!


「かすりの里巡り」 イン筑後市 春編。

今週の5月15日(土)〜5月16日(日)に掛けて、久留米市のお隣の
筑後市で「春のかすりの里巡り」が始まります・・。

7社位の織元による、「手織りの実演」体験、製品の販売などいろんなイベントが盛り沢山らしい・・。

のどかな日差しの中、「久留米かすり」の魅力を再発見されてはいかがでしょうか?どうか、みなさんのお越しをお待ちしております。





(友人の織元です・・。)

出撃・・「ZX−14」。 (フェニックスのように・・大阿蘇トップガンエクスプレス)。



(阿蘇五岳を望む・・!)

第二土曜ということで、続けての休みとなったが絶好の天気の中、「リハビリ」をしてからの遅めのスタートではあるが、友人を誘っての今年初めての「阿蘇・久住エクスプレス」となった・・!
自分的には、前回の筑後川河口行きで少しは動いてはいるが・・タイトな
コーナーが続く県境付近では付いていけるか?不安もあったし、一挙に  そこまで引き上げて付いていけるか?「不安」「恐怖」が脳裏を過る・・。

何十回も走行しているホームコースではあるけれど、事故の後はプロの  ライダーでも「恐怖」があるという・・。しかし、走っていくうちに徐々に慣れていくし、清々しい「晴天」にも恵まれ、自然にコーナーをクリアしていく  自分がいる・・。でも、タイトなコーナーでは、早めのブレーキとスルーするスピードを控えめにしていく!「身体」が付いていけないのは「恐怖」に  対する自制が自然に働くのだろう・・。
それでも、写真の「大阿蘇」の風景を定番の場所で拝むと大自然の偉大さに「パワー」を貰う・・!ミルクロードをファンツゥドライブして行きつけの  お店で昼食すると、やっと落ち着いてくる自分と出会うことが出来た・・。  ここで「リハビリ」を兼ねてこれまた行きつけの「黒川温泉」に寄って行くことにした。



マッタリとした時間が流れて「貸し切り」状態で「湯」に浸る。
あまりにもゆっくりし過ぎで、帰路は結構な速度で難所の峠道を「恐怖」を忘れてクリアしておりました・・。そうさせる程、「大阿蘇・久住」「風景」「空気」が私の身体の患部を癒してくれたのかもしれない・・。

青春の思い出・・(初代セリカ1600GT・・!)



19歳の時に免許を取って、最初に買った車が「初代セリカLB1600ST」だった・・!写真は、「クーペ1600GT」である・・!GWに近くのカー用品店に行った時に見つけた。

“GT”という称号は当時としては高値だったDOHCエンジンを積んだモデルにだけ与えられた・・。憧れだったし、その頃はお金も無く貧乏していたからシングルカムヘッドの“ST”モデルの中古を買うのが精一杯だった・・。
中古だったから、シートは破れているし、電気系統はトラブルしてショートするし、ヒーターのスイッチも解らず寒い日に我慢して乗っていたものだ。

あの頃は、ゲームやオーディオなど無かったし、ましてナビなど全く無かったけど、友達とよく休日はドライブに行ったがそれが楽しかった・・。
その頃から久住の「やまなみハイウェイ」はよく行ったよな!
あれから30年近く経ってしまった・・。車事情や環境がこれほど変化するとは、まったく予測できなかったし想像もつかなかった!でも、あの頃、車を買って、運転して“嬉しかった”想いは、今もずーとそのまま心の中に生き続いている・・。

その当時からの「車」への拘りは持ち続けており現在に至っている・・。
昨今は、若者の車離れが深刻という・・。でも、メーカーも若者が離れていかないような「車」作りをしているのだろうか?私の若い頃のように“ときめく”ような「車」を作って欲しいものである!

余談だが、私の「DNA」がそうさせるのか?二人の息子は揃って「車」
好きである・・。


「久留米かすり“藍暦”」新プロジェクト・・。(少しお見せしましょう・・!)



新作のベスト二点ですが、よくご覧ください・・!「久留米かすり“藍暦”」のシンボルの「藍の花」「かすり」の柄として入っています・・!しかも  経て括りにも拘っての作品としました。
これから、いろんな服や帽子、バックにも展開するはずです・・。ハッキリとした「アイコン」の存在で、これからも「久留米かすり」作りが楽しめればと思います・・。

「リベンジ」・・!ZX−14トップガンエクスプレス!「同じ時間、同じ所」・・。



もうひとつの“相棒”「ZX−14」である・・。
先日の事故より2週間・・「膝」や「肘」の状態は完璧というわけではないが、「ハーレーダビッドソン1200S」での事故で、気が弱くなったり、   爺さんのようにリハビリをしているような「俺」じゃない!

この2週間の間にいろんな事を言われた・・。分ってもいないような連中からは、「もう!歳だから・・!」とか「いい歳して・・!」とか言われていたようだ・・。「バイク」の良さを解りもしないような連中には言われたくない・・!
高校2年に大型二輪免許を取ってから36年も経っているんだ・・!
ここ数年で規制が緩くなって取った「チンタラ免許」とは訳が違う・・!

ともかく、4連休もあると身体が疼くし、昨年は「萩」や「阿蘇」を満喫しているから尚更だ。しかし、先日の「恐怖」はまだ生々しく思い出されるが、満を期して「ZX−14」を格納庫より出す・・。

昨年8月より走っていない車体は、1カ月前には弱いながらも「セル」は回ったが・・今回は・・回らない・・!急遽、バッテリーを取ろうと思ったがフルカウル付きの車体は、サイドカウルを外しバッテリーまだ到達するのに幾つものネジとパネルとコネクタを外さないといけない・・。やっとの思いで外して販売店へと持っていく・・。充電には3日ほど掛かるというが
2日後の昨日の午前中、連絡があり「充電OK」という!早速、取りにいって本体にセッティング・・!セルを回す・・「グォ〜〜ン!!」咆哮が聞こえた・・!すぐさま着替えて「リベンジ」をするべく大川方面へと向かう・・!さすがにスピードは控えめだが少しずつ「アドレナリン」が出てくる!しかし、前回の事件での恐怖と長い時間乗っていないブランクはどうしようもなく、この先、少し時間が掛かるかもしれない。

さて、前回と同じ時間帯で、“筑後川河口”まで走る。
「リベンジ」を果たすべく、同じ場所で写真を撮り、同じルートで帰ってくる!せめてもの「復活」ではあるが、以後、細心の注意を払ってライデングをしていこうと思っている・・。
各方面に「ご心配をお掛けしました・・。」

ゴールデンウィーク福岡!「博多どんたく最高潮・・!」


西鉄福岡天神駅の1階です。
日本一この時期人手が多い“博多どんたく”のため凄いことになっている!
休日には、行かないけど天神「藍暦ギャラリー」に出てきた…。
いつもと違って、周りもお祭りムード一色で盛り上がっている。





なんかにつけ、「祭り」しないといけない博多っ子らしい・・。

5月に入ったが・・。(準備は怠りなく・・抜け目なく・・!)

爽やかな5月といきたいが・・25日の事故で状況は変わった・・!
天気は、意外と良さそうだし多くの行楽地は賑わいそうだ・・。

このGWはリハビリで近くの温泉に行こうと思っている。なんか、急に爺さんみたいなことになりガックリであるが・・きたる復活する日まで準備だけは、怠る訳にはいかない・・。いつの日か相棒と阿蘇・久住を流す姿を夢みて頑張ることにする・・。

仕事的には順調で、4月も目標を達成して余裕の5月突入となったが、  油断は禁物。更なるステップアップをするべく、次のプロジェクトも進んでおり皆さんにお知らせする時まで水面下で頑張っております・・。





(新しい“藍暦”の反物が生まれている「かすり工房」です。5月の陽射しに“糸”の乾き具合も最高だ!)