<< December 2010 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
藍暦
Latest Entry
Category
Archives
Recent Comment
  • 朝一東京便…。パート4
    藍暦 (04/26)
  • 朝一東京便…。パート4
    モンちぃ (04/26)
  • 「彩藍」さんの夏物展示会に行ってきました・・。
    チーム彩藍一同 (02/19)
  • 春物新作展の2月スタートです・・。(「久留米かすり藍暦」2月新作展示会商戦が始まります・・!)
    四代目 (02/02)
  • 過ぎ去りし“夏”の思い出・・。 (ミルキースマイルの“秋”を迎えて・・)
    藍暦 (09/28)
  • 過ぎ去りし“夏”の思い出・・。 (ミルキースマイルの“秋”を迎えて・・)
    四代目 (09/28)
  • 戦士の休息・・ (“秋色” を求めて。)
    (09/25)
  • 大阪・京都、新都物語 part 3 (平安京の記憶・・。)
    藍暦 (08/31)
  • 大阪・京都、新都物語 part 3 (平安京の記憶・・。)
    四代目 (08/31)
  • 久留米井筒屋 閉店の年  part 2
    藍暦 (08/19)
Profile
Links
Search
Admin
Mobile

本日、仕事収めです。今年もありがとうございました。

今日で、久留米本社は仕事納めです。

今年も、いろんな事があり、激動の一年でした・・。
ずーと不景気な「市場」や「綿花高騰」など心配ではあるが・・・。
それでも、新たに出会った方々や、協力してくださった方々と乗り切ってこれた一年に心から感謝しております・・。
そして、来年も「下手」なブロブにも懲りずにお付き合いいただければ幸いです。

来年も又、素敵な出会いが「久留米かすり」を通じてもっと広がればありがたいです。
二月には、新作の展示会が始まり、きっと皆様の期待に応えられることと思います。どうぞ来年も宜しくお願い致します・・。

“藍暦”をご愛用のお客様へ・・。

今年も“藍暦”をご愛用いただき、ありがとうございます。
来年も、お客様方に喜んでいただけるような商品をご提供できますよう
スタッフ一同、頑張りますので宜しくお願い申し上げます。

来る新年が、全ての人達に素晴らしい年でありますように願って本年の
最後の挨拶といたします。ありがとうございました。
 

                    重松株式会社
                   代表取締役社長 重松 秀昭            





今年最後の「福岡・天神店」行き・・(終わりよければ全て良し!)。



昨日は、「福岡・天神店」に行っておりました。スタッフに一年間の労をねぎらうのは当然だが、来る新年に向けての準備や打ち合わせや、挨拶周りなど、結構忙しいものだ。

寒さのためか?「綿入れ袢天」が良く売れている。
実際、ここにきて「鹿児島店」でも、九州全域に支店を持つ量販もそうだが結構売れている・・。
月曜日に20ケースちかくを送ったのをみても納得する。遅れてきた     “寒波”のお陰で、少し良かった年末かもしれない。

来年もこの調子で頑張ってまいります。どうか宜しくお願いいたします。

今年最後の病院行き・・。(日頃の健康チェックは大事ですぞ・・。)

もう何年も“血糖値”が高くなってから、一カ月に一度は検査の為、病院通いをしている・・。
この事を話すと「いっぱい美味しい物を食べているからだ!」とか言う人が多いが、何も知らなくてそう言うのだけは、勘弁してもらいたい。

「糖尿病」にもいろんなタイプが有って、もちろん!美味しくてカロリーが高い食品を食べ過ぎてのタイブも有るが、私のは“遺伝”によるもので
「母方」からの継続らしい。となるとある程度は下がるものの、根絶するのは難しいタイプらしい。
結局は、「病気」と上手いこと付き合っていくしかない・・。これは「糖尿病」に限らず、いろんな「病気」は、突然やってくるので皆さんも一度、
家系をチェックする必要があるかもしれない・・。
しかし、もう結構な期間、自分の身体と向き合っているから、健康チェックを一カ月ごとにしていれば、何のトラブルも無く推移している。この方が
余程、「健康」かもしれない!数値も落ち着いてきたし、日々三度の  “ウォーキング”“最新の薬”の賜物だね・・。

来年も頑張る下地は万全だ・・!

年末・年始のお休みのご案内・・。

今年も残すところ後、僅かとなってきました。

年末・年始のお休みのご案内をする時期になりました・・。

久留米本社は12月30日(木)〜1月4日(火)まで、
藍暦・鹿児島店は12月30日(木)〜1月2日(日)まで、
福岡・藍暦ギャラリーは12月30日(木)〜1月1日(土)
までとなります・・。
どうか宜しくお願い申し上げます。尚、1月3日(月)から鹿児島、
1月2日(日)から福岡・天神店
にて“初売り”としてお買い得な「福袋」を多数ご用意して皆様のお越しをお待ちいたしております。

(尚、久留米本社では12月29日は午前中は出社しますが平常業務はいたしません。大掃除だけとなります。福岡・天神店は1月3日(月)はお休みとなり1月4日(火)からの通常営業となります。)

年末“薩摩”エクスプレス PART 1


今日は、今年最後の「鹿児島行き」です。
“桜島”も噴煙を上げ喜んでいます!
鹿児島の「久留米かすり藍暦」ファンの方々には、いつもご愛顧頂きありがとうございます。
来年も変わらず宜しくお願いいたします。



昨日の“霧”に包まれた今年最後の休日・・。




朝の散歩であるが、結構“霧”が出ていて視界が良くない。こんな日は、
気温が上がって昼間は暖かくなるのは解っている。週末の荒天はチェック済みだから、この日は、かなり頑張って「家」の周りを掃除をする。結果的には貴重な晴れ間だったらしく、明日からは強烈な寒波が来襲するみたいだ!

「備えあれば患い無し・・」といきたい。

いい仕事をするには・・。(スイッチのON・OFF)

誰でも思っていることだ。しかし、これほど景気が悪い世の中になると、中々、難しくなってくる。思っている事が出来ないことが多くなる。

そんな“ストレス”を家まで引きずって来るようじゃ情けないし、家族にまで雰囲気を感じられてしまう。そうならない為にもスイッチの入れ替えはしないといけない。
私も気難しくなる時も有るが、なるだけ持ち込まないようにしている。そんな時は好きな「バイク」の雑誌やネットなどを見たり、休日は“愛車”を
動かして四季を楽しむようにしている。

最近では、BSなどで歴史ドラマやドキュメンタリーを見て楽しんでいる。
さて、来年は、いい意味で「趣味」の時間が多く取れたら嬉しいが・・。


それぞれの師走・・。(静かなのに忙しいとこは・・)

12月になって既に半分以上が過ぎた・・。
“師走”って感じではないみたいだ。忙しく「物」が動いて、「人」もバタバタしている光景が懐かしい。

恐ろしく“静か”である。今朝も早くから「雨」だからか?電話すら少ないようだ。違う業種の人にも聞いてみるが、どこも同じようなことを言っていた。  弊社の場合、社員も少数精鋭だし、余分な生産や在庫の管理も徹底しているので、“作り過ぎ”“売れ残り”など、“余剰在庫”が多かったりという最悪な結果は無いが、そうじゃないところは、「物」が売れていない中でそのような在庫を捌かなければならない・・。


弊社では、「藍暦製品」は元より従来の「ぬくぬく袢天」から「モンペ」にいたるまで時代に合った製品を全て自社で生産している。何よりの強味であるのは“縫製”も自社内で行なって、状況の変化に素早く反応しながら「売れ筋」商品への対応を行なっている。
もちろん!日々、「新しい製品」や「新しい企画」にチャレンジしており、
その成果を来年の新作展では、お披露目出来るはずです。

現在の「師走」を走る人は、大量に余った商品を捌く人達かもしれない・・。



2010 X’mas・・。(今年のクリスマスは・・)



(福岡キャナルシティのツリー)



(鹿児島中央駅前のツリー)

今年もクリスマスまで5日となったが、来年は「九州新幹線」全線開業で賑わうことだろう二つの都市のツリーを紹介してみた・・。

当日我が家では、小さなクリスマスケーキに“火”を灯し、“ペロッ”と
平らげたら、BSや光TVを遅くまで見て過ごすのが恒例です・・。

残り少なくなった2010年ではあるが、まだまだ回想するには早いが、
これからが勝負であるし、量販のフォロー発注はラストの28日まで続く
予定だ。ここに来て弊社の主力の一つ、「ぬくぬく袢天」が好調である。

クリスマスに「袢天」を着てTVを見る!日本人の「幸せ」そのままではなかろうか・・。

LET IT BEE な日・・。  part いくつ目だろうか?

今朝は“体力”と“免疫力”が落ちているようで、いつもの日となりそうだ
・・。
お伝えしなければならない事も沢山あるのだが・・。

イタリアンな伝説のプロローグ・・part 1

私の数多い趣味の代表は“バイク”なのは皆さんご存知のはずだ・・。
とかく、趣味というのは“お金”が掛かるとお思いだろうが、私の「バイク」に限って言えば、手入れを怠らずに、乗っている車種がまだ旬のうちに転売することで“お金”を回している。ましてや、「品」のいいカスタムだと「値」が下がらないし、意外と好きな人だと交渉もスムーズである。そんな目に見えない努力も有っての趣味であって、決して「余裕」の中から生まれてくるような“だらしない”ライフワークはしていない・・。


7年前、近くの「赤男爵」を覗いたのがキッカケで店長から、身体を押してもらって、当時最速の“ハヤブサ”を高校時代より30年ぶりぐらいで恐る恐る乗り出したのがつい昨日のようだ・・。

故障知らずの“ハヤブサ”は、腕が下手な私を上手に調教してくれて、  “バイク”の楽しさを教えてくれた・・。15,000kmほど共に走って巣立って行った。
そのころから、“イタリア系の派手な“デザイン”と過激な“エンジン”、それに太陽のように真赤で鮮やかな“車体”の色に憧れていた。

「ドカティ」もいいのだが、最近のモデルにいいのがない!全ての車種が前傾のレース使用のような形に見えてしまう。ランデイングもキツくてスピードもかなり出るマシンは、もういらない・・。

ということで「モトグッチ」のエンジンを積む「マーニ」を探しております。元来が面倒くさがりなので、キャブより今回はインジェクション使用を探しております。輸入台数が極端に少ないため、程度が良い物を探すには時間が掛かるかもしれませんが、気長に待つことにしました・・。

さて、これからどんな“イタリアン”な出会いが訪れるだろうか・・?楽しみです。

12月半ばを過ぎて・・。(人それぞれ、厳しい師走だ・・。)

昨夜から今朝にかけて、かなり冷え込んだ「久留米」だ。今朝は4℃位だったが“小雪”が舞っていた・・。

12月も半ばを過ぎて、巷の状況はいかがなものだろうか?気温も冷たいが“景気”もいいとは到底、思えない。
物が動いていないからなのか?新聞の折り込みチラシだけは、毎日多く入ってくるが、どこも同じ内容の安売り合戦である。しかし、体力が有るところはいいが、そうでないと続かないし消耗戦の様相を呈してきた。

「衣・食・住」というが、この中で一番先に節約の対象になるのは、どう考えても「衣料品」ではなかろうか?特に“中国”に生産をシフトしてからの製品の流れが、それ以前と比べて大きく変わった・・。“量”が出来、“コスト”が下がった。
冬物でいえば、“フリース”から始まる商品の転換は我々「綿入れ袢天」業界にも多大な影響を与えていると思う。
それから、矢継ぎ早に、激安「ダウン」、「ヒートテック」と登場する。
暖冬傾向の日本の気候とマッチして“薄着”で過ごす生活スタイルが定着している今日この頃である・・。

ともあれ、久留米地方の特産である「久留米かすり」や「綿入れ袢天」などが、時代の流れで大きく変わっていかなければならない転換期に来ているのは確実であり、「産地」のみんなで協力して難局を乗りきっていくしか無いだろう。ただ、どれだけの会社や個人が“意識改革”をして変化していくかは未知数である。
「やろう!」と思っていても出来ない、「しがらみ」や「制度」、「お家の事情」など、“改革”が成立するまでに我々の「体力」が持つか?厳しい「時代」が続きそうである。

“心”は“忠臣蔵”・・。

毎年、「忠臣蔵」の日には特別な思いがあるのは、「日本人」なら当然の事だと思う

毎年、いろいろ“ウンチク”を言うから、今年は止めとこうと思ったが、
やっぱり、「日本人」だもん!
「義理」と「人情」、「忠義」の世界には「心」が揺れる。年末の忙しい
時期で景気の悪さが一層厳しい“今”だからこそ、「物語」が際立つ!

“新博多駅”完成間近・・。




“新博多駅”である・・。
来年の九州新幹線全線開通に向けて、今、急ピッチで工事が進んでいる。
写真は九州初見参の「阪急百貨店」である・・。反対側はJRの「アミュ」が入るという。「東急ハンズ」の入店といい、“博多駅”だけでも、相当の店舗による集客が見込まれるらしい・・。

もちろん!相乗効果で「天神地区」にも人が流れてくることを期待しているが、お互いが頑張って発展しなければ“意味”がない。

“天神”にお越しの際は是非、「藍暦ギャラリー」へご来店くださいませ。



北部九州横断、剣が峰・・。(私の“1200S”も剣が峰・・。)



(島原市より普賢岳を望む)





(由布岳を北側から望む)

北部九州の有名な二つの名山である・・。しかも天気が素晴らしい!
先週と今週の日曜日に、知り合いが“バイク”で走破してきたものだ・・。  一緒に行くはずだったのに・・悔しい!

原因はこれだ・・!



“キャブレター”である。先週、“エンジン”を掛けた時、回らなかったので何回も“セル”を回していたら“バッテリー”が弱くなって、とうとう動かなくなった。土曜日に新しい物に交換したが、依然として回らない。よくよく見ると“スロー”を調整する「ノズル」が外れている・・。その部分をやっとで取り付けると、取り合えず“エンジン”は回ったが、二つのクランクの内、ひとつしか燃焼していない・・。先週から何回も“セル”を回し続けている関係で、燃焼室に大量の“ガソリン”が入り、“プラグ”がカブる状態になっていると思う。

急遽、出力の上がらないエンジンを“騙し騙し”で鳥栖のディーラーに持って行った。案の定、「カブっている!」との見解で、カラ吹かしを出力を上げてやっていたら、少しはマシになってきたので、そのまま80km位走ってきた。最後は、やっといつもの「重低音」が聞けるようになっていたが、この  「1200S」には、相当、世話が掛かる!安く良いものを買ったが、これだけ「不具合」が続くと落ち込んでしまう。少しづつではあるが、やっと「俺使用」に改善していることだし、もう少し手を加えて見守っていくことにしよう・・。

世界的な“綿花の高騰”・・。



2・3日前の「繊研新聞」の一面である・・。
今年に入ってから少しづつ値が上がっていたが、夏以降は結構な上がり幅である・・。「久留米かすり」や「綿入れ袢天」などその殆どが、「綿製品」という久留米産地としては“痛手”である・・。これからの展開次第では、  大幅な“値上げ”になることだろう!特に「綿入れ袢天」はその比重が  大きく“値上げ”は避けられない・・。

「為政清明」・・ part 3  (裏から見た“為政清明”・・。)




先週の週末に「鹿児島」に行ったのはお知らせした・・。もちろん!仕事で行ったのだが、鹿児島店の近くは、維新の英雄達が育ったり、生活していたりと、その手の話題には事欠かない場所にある。
有名な「大久保利通」像も、直ぐ傍である。いつもは正面からの、在り来たりな写真しか撮ったことはないが、今回は“裏”からの眺めを写真に  収めた。

「大久保卿」も、新政府誕生やいろんな仕組みを作るのを、急ぎ過ぎたのかもしれない。それだけ日本の行く末を心配していたからこそだろうが・・。時期こそ違えど、「西郷さん」も「坂本龍馬」も同じような最後である。

もう少し“余裕”を持って、物事を“後ろ”から見ることが出来たら、情勢も変わっていたかもしれない・・。


オマケに“横”から見た「為政清明」も御覧にいれよう・・!



夕陽に輝いて美しい・・。

“イマジン”な日・・・(それぞれの12月8日)。

昨日のニュースで“ジョン・レノン”が凶弾に倒れて30年という・・。
30年前、私は何をしていたのだろうか?海老蔵じゃないが、ハッキり思い出せない。そのニュースを聞いた時、「ふ〜ん・・。」位にしか思っていなかったと思う・・。
でも、時が過ぎ、“ジョン・レノン”の功績が伝説に変わって、自分がその“歳”を越えたりすると、自然にその“思い”を受け入れている。それだけ長く彼の作った曲が現在まで受け継がれているし、誰でも知っている。    “ジョン・レノン”は永遠に私達の中で生きている・・。

毎年、同じことを言うが、12月8日は太平洋戦争が開戦した日でもある。ハワイの“真珠湾”に連合艦隊が攻撃をしたことで有名である。アメリカ側に言わせると“奇襲”と言うが、そう差し向けたのは「アメリカ」だ。
孤立した「日本」は選択肢がなかったのだろう・・。

それぞれの12月8日・・、私の近くに今日が誕生日の方が多くいる。

Tさん、Yさん、Nさん・・「誕生日おめでとう・・!」

天下三分の計・・(諸葛孔明の思惑。)


(杭州 銭塘江横に立つ六和塔。北宋時代のものだ。)


中国の三国志の時代、劉備によって「三顧の礼」にて迎えられた、諸葛孔明であるが、何事にも沈着冷静で「森羅万象」を知っていた。

悠久の国家、「漢」無き後、当時の中国は幾つもの国と民族が派遣を争っている時代で、特に、北の曹操の強力な力で率いる「魏」、揚子江流域に昔から栄えた孫権率いる「呉」、それに比べ「漢」の末裔ながら、流浪の  劉備・・。そこで孔明が考えたのが、「天下三分の計」だ。

第三の国を作って国同士の均衡を保とうというものだ。もちろん!物語は
結果的に「蜀」という国が出来るが、そこに至るまでの“物語”は、「駆け引き」あり、「裏切り」あり、で面白い。

強力な個性で「国」も強い曹操「魏」、豊かな土地で親父の代からの  盤石な「呉」孫権、いろいろな計略や戦いの後にやっと「国」を手に入れた劉備。それぞれの立場と個性が重なり、大変興味深い・・。

性格もキツいし、戦闘的であろう曹操に、おぼっちゃんだが、したたかな  孫権。優しく、人を思う気持ちが誰より強い劉備と個性もそれぞれだ。

この図式を我、業界に押し当ててみると・・“切磋琢磨”してレベルアップしないといけないのはどの業界も同じだが潰し合うのはごめんだ・・。
私のとこは比較的、後から今の内容になったから、劉備と一緒かもしれない!私も人付き合いが多く、多くの人に支えられているが、性格的には  曹操や孫権の部分も持ち合わせていると思う。

しかし、これらの「国」がその後は年月の長短はあるものの、全て滅んで
新生の「晋」という「国」が出来き、全中国を統一するのも皮肉なものである・・。






鹿児島中央駅一番街・・「よかとこ、よかもん市」報告 part 1



(鹿児島の物産品の販売)



(大鍋で300人分の「ちくりん鍋」を配る・・。)




(徳之島の昔ながらの“黒糖作り”・・。)


急遽、私がお邪魔したのは、12月4日(土)だったが、商店街のアーケードの中に、鹿児島県全域から集められた「特産物」を安価にて販売し、お客様に喜んでもらおうというものです。
特産の「さつまあげ」や「野菜」「芋菓子」、中でも徳之島の「黒糖」は、そのままの「さとうきび」の汁を、その場で煮つめて「黒糖」に仕上げていく行程が見れて感動した!“味”もミネラルタップリの市販の物と、まるで違うのに驚いてしまった。
「歌謡ショー」も有り、大盛り上がりの土曜日でした。日曜も忙しかったに違いない・・。これからも新幹線開業まで鹿児島の地は“熱い”!

皆様もどうか、「鹿児島」に来てくださいね!その際は
是非、「久留米かすり藍暦・鹿児島店」にもお寄りください。社長お薦めの「グルメや、お買い得、観光スポット」など地元ならではの“取って置き情報”をお教えいたします・・。

“旅”の始まりは列車から…。

「JR久留米駅」である。
朝一番の特急列車にて“鹿児島”に向かってます。
久留米駅周辺だって鹿児島に負けないくらい変わっています。


鹿児島中央駅一番街・・「よかとこ、よかもん市」開催。

「久留米かすり藍暦」鹿児島店が在る、鹿児島中央駅の隣りの“中央駅一番街”では、来年の九州新幹線全線開業に向けて、様々な    “イベント”を実施します・・。

今までも結構、企画されてきましたが今回の12月4日(土)〜5日(日)の  2日間は、“鍋”の振る舞いがあったり、手作り豆腐の無料配布、歌謡ショーや、薩摩の一番物産展など今までで、一番の盛り上がりを見せることになるでしょう!

「久留米かすり藍暦」鹿児島店では期間中、協賛としてお買い得な商品を揃えて皆様のお越しをお待ちしております。どうぞ楽しいイベントが盛沢山な“中央駅一番街”アーケードにお越しくださいませ・・。




「日本全国酒飲み音頭」を唄いながら忘年会シーズンの幕開けだ・・!

・・って言いたい12月のスタートだが、今年は少し勝手が違うようだ。
景気が悪すぎてそのような気分になれないのだ。

どこの業界でも業績が悪いと思う。景気を底上げしていた、「車」や    「家電」などの特典も終わり、今後は極寒のシーズンが来るらしい。でも、それら景気を底上げしていた物が売れなくなれば、それ以外の業界は元々売れていない業界だったりすると、更に売れない状況に陥る可能性をもっている。

こんな時だからこそ、余計な事をせずに「お客様」に喜ばれる商品作りを徹底しなければならない。

いつも私が言っている・・「何も足さない。何も減らさない・・。」そんな  「久留米かすり藍暦」で在り続けたいと思っています。

“島原の乱”・・(自己満足の世界。)



“島原城”です・・。江戸時代の初め、「天草四郎時貞」を中心に反徳川とキリシタン弾圧に喘いだ農民を中心とした暴動の終焉の地は、この城ではなく、もっと西に位置する“原城”である。
よく間違われるが、この城はそれ以後のものだろう。しかし、綺麗な     “白亜”の城である。

綺麗な城を綺麗に撮っているが、残念な事に私が現地に行って写真してきたのではない・・。前回もバイクでの「ツーリング」に誘われた先輩が途中でメールしてきたものだ。私もそうだったが、やっとの思いで修得した“二輪大型免許”で、待望の愛車を手に入れた瞬間から日曜日が待ち遠しいし、どんな天気だろうと走りだしたいものだ。
氏もそんな瞬間を楽しんでいるんだろう。私も7年前に当時の愛車   “ハヤブサ”を購入した時は同じだった!九州全域を短期間で走破したのが、ついこの前のようだ。



(7年前の愛車“ハヤブサ”。私の原点です。)

しかし、その間いい事ばかりじゃ無く、数々のトラブルにも遭遇してきた。  そこを“クリア”してきたからこそ、面白い「モータースポーツ」の世界に入っていけたのである。今の私は「無理」はしない。あくまで自分の「ペース」を守って“バイク”しています。