<< May 2011 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
藍暦
Latest Entry
Category
Archives
Recent Comment
  • 朝一東京便…。パート4
    藍暦 (04/26)
  • 朝一東京便…。パート4
    モンちぃ (04/26)
  • 「彩藍」さんの夏物展示会に行ってきました・・。
    チーム彩藍一同 (02/19)
  • 春物新作展の2月スタートです・・。(「久留米かすり藍暦」2月新作展示会商戦が始まります・・!)
    四代目 (02/02)
  • 過ぎ去りし“夏”の思い出・・。 (ミルキースマイルの“秋”を迎えて・・)
    藍暦 (09/28)
  • 過ぎ去りし“夏”の思い出・・。 (ミルキースマイルの“秋”を迎えて・・)
    四代目 (09/28)
  • 戦士の休息・・ (“秋色” を求めて。)
    (09/25)
  • 大阪・京都、新都物語 part 3 (平安京の記憶・・。)
    藍暦 (08/31)
  • 大阪・京都、新都物語 part 3 (平安京の記憶・・。)
    四代目 (08/31)
  • 久留米井筒屋 閉店の年  part 2
    藍暦 (08/19)
Profile
Links
Search
Admin
Mobile

2011 久留米かすり藍暦 (“男の夏”編)。

前回、お知らせしていたが、やっと“男の夏”を彩る、
「藍暦」のアイティムが出来た・・。

まず、「アロハシャツ」だ・・!採算は度外視して、私が選んだお気に入りの“柄”だけで作ってもらった・・!もちろん!販売するが、我々男性スタッフの夏の制服として、「久留米かすり」のPRを存分に行えるはずである・・。
既に8枚ほど所有しているが、夏には必須なアイティムで、その着心地と
通気性は今までの“夏シャツ”の中ではダントツである!

そして、暑い日差しを遮る「ハンチング帽」とボギーな「中折れ帽」
綿素材だから通気性もいいし、こちらも見逃せない・・。

「イタリア」のサマラーテの爽やかな風と「アメリカ」アリゾナの灼熱の風と今年の“夏”は「藍暦」でエンドレスだ・・。


季節の逆行・・。(5月の台風接近なんて今まで経験無いゾ・・。)

結構な“雨”が降ったものの、時期外れの「台風」の襲来に影響が出た
日本列島だった・・。
気温も低めで寒い週末は、何処も出歩く気力が湧かなかった・・。

折角、二週続けて「阿蘇」にトライしてきただけに残念だが、しかたない
。浜松から新幹線に乗り続けてきた“身体”のケアに時間を使うことにしたが、パソコンとTVのソフトバンク戦、を見ていただけの日曜だった・・。
なんと無駄な時間の使い方なんだろうか?

“雨”と“寒さ”の「季節の逆行」に心身共に無気力な週末だった。

「名古屋」に行ってました・・。(25年位お邪魔している所です。)




写真のようにお礼を言わなければいけない・・。相当長い間、お邪魔している所だし、「良い時」も「悪い時」も経験させてもらった所である・・。

最初の頃は、「名古屋」に行くのがイヤで、“お客さん”に行くのが尚更
イヤだった・・。独特の雰囲気と、商売の「間」が有って駆け引きも上手い。でも壺にハマれば“量”を捌いてくれる日本の中心だった・・。

「名古屋」という存在は今からも変わらないだろう・・それほど大きい存在だったけど、もう、当時の“街”の面影は無く景色までもが変わってしまった・・。

「街の灯や、商売人が“夢”のあと・・。」・・お粗末。


終わらない福島の「原発事故」のその後・・。

表向きは平然を装っているが、3月の11日は福島に居た我々としては、
結構、気になる事だし、早く住民のみなさんが平穏に暮らせる日が来るのを願っている・・。
特に「原発」は、現在の状況が何処まで進んでいるのか?あまりに専門すぎて分からないし、大気、土壌、海などのダメージは予測が付かない現状だろう・・。
聞きなれない放射能の数値であったり、誰も入れないところの状況であったりと、情報や状況がとこまで開示されているのか?まったく信用できない
現状は、計り知れない「不安」でしか表現できないであろう・・。

殆どの燃料棒が津波の後、「メルトダウン」していることでさえ、最近、
公表したくらいだから、この後、何が出てくるか?注意深く見守りたい。
そんな中、日本政府をあざ笑うかのように、韓国の議員団がロシア経由で
北方領土に入ったという・・。最近の動きの中で、ロシアは開発を韓国や
中国に発注するということを決めたとか決めなかったとか・・?
完全に日本を無視しているし、「固有の領土」という日本の主張までも
無視しているようだ。
韓国や中国には、日本との間にまさしく領土問題が存在しており、事の成り行き次第ではこちらの問題も再燃する可能性も有る・・。
早く沖縄の南西諸島に自衛隊の駐留や、島根沖へのイージス艦の滞留などを徹底しないと手遅れになってしまう・・。

原発事故の後、各国からの支援部隊がぞくぞくと日本に入ってきて活動していったが、正直、その辺も危ないと思う。日本の情報や機密事項をどれだけ把握していったか?である・・。政府としてもその辺は分かっていると思うが、水面下での国同士の駆け引きに負けないで、他国から国益を守ってもらいたいものだ。
今後どのようになるのか?注意深く見守る必要が我々国民にもあるし、国を守るために国民の側からも大きく動かなくてはいけない・・。

今回の原発事故はいろんな意味で危機管理体制の見直しを改めさせる
キッカケなのかもしれない・・。



(イージス艦“こんごう”である。三年前に博多湾にて見る)

“聖地への巡礼”  part 2 「大事なスタンダードの継続」


つい1週間前に“初阿蘇”ということでブログしていたが、先週土曜日の  代休も雨の不安が付きまとう中、約束した仲間のルートを遅れながら  “阿蘇”までを走ってきた・・。

スタートはAM8:OOと、決して遅くはないが、“朝錬”をする友人のスタートは早い・・。
いつもとは違う逆方向からのアプローチは新鮮で、ましてや朝早いと周りを走る車両すら少ないし走りやすい。途中一回の給油とトイレ休憩を入れて9:30頃には阿蘇の外輪山を望む展望台に上がっていたことを思うと、
結構なスピードで駆け上がったことになるだろう・・。
これは愛車の「スポーツスター1200S」の調子がいいことが、毎回快適に走れる要因なのは分かっている!やっと購入一年を過ぎて本物になってきたようだ・・。

どれでもそうだが、バイク所有の大事なところは、自分に対していかに快適に楽しく走ることができるか?であろう。まるで違うタイプのバイクではあるが、私の所有する二台は楽しいし快適だ・・。
双方に個性が有り、長所と短所を合わせもつし、存在感やお国柄も出て
俄然楽しい・・。

今は調整の為、工場入りをしている「マーニ」も乗るには大したことはないけど、より快適に走る為に最終調整をしてもらっている・・。たぶん、結構この二台は長く乗るかもしれない・・。先にも紹介した最近どこのメーカーも出している新型も興味はあるが、個性が有るものや買う気をそそる物は、そうそう見当たらないし、その時は話題になっても続かないのが殆どではなかろうか?
これは、他の業種にも言えることで・・頑張ってお金を掛けていろいろな
商品を作ってもそれが全部ヒットするわけがなく、以外と以前から有るスタンダードな商品がロングヒットしていたりするもんだ。

これは我々の業界でもよくある話で一生懸命、企画して作っても売れなかったり、残したり・・しかも数を作って企画している商品ほどその傾向に陥りやすかったりする・・。
確実に売れる定番を数多く持っていて、なおかつ新しい企画を繊細にやらないと数字は付いてこないように思うな・・。

弊社でも、「久留米かすり藍暦」の部隊も在るが、併用して「久留米綿入れ袢天」と「久留米かすりモンペ」の生産部隊も健在で売上の中核を成している重要な部分である。
双方合わさって“ステップアップ”していけるようにこれからも頑張っていきたい・・。





鹿児島・“桜島”・・part 2



今回の写真はいつも見ている鹿児島市側からではなくて、友人の故郷の
隼人側から見た「桜島」である・・!画面もデカイが、風流で素晴らしい雰囲気が出ている・・。どこから見ても表情が変わる「桜島」は鹿児島の象徴だ・・。

先週は鹿児島のお店に行ってきたが、震災の影響でせっかくの「九州新幹線」の開業も水を差された格好だったが、ここに着て、少しずつではあるが観光客が戻りつつあるようだ・・。

弊社の「藍暦・鹿児島店」でも大阪や福岡のお客様が来店されていた。

どこでも、「おもてなしの心」を大切にして観光に力を入れているが、ここ  鹿児島の「おもてなし」は半端じゃない!試食や試飲はドーンと「桜島」クラスでしかも気持よく勧めてくる。皆さんも是非、来鹿されてくださいね!



鹿児島・桜島の火山灰。


鹿児島の街の宿命である…。“桜島”はシンボルだが、灰はいただけない。
でも、市民の人達は嫌な顔せずに付き合っている。
灰が降る以上に、“桜島”が大きい存在なのは確かだ…!心の故郷なのだろう。



夏はハーレー・・。(ワイルドにいこう!)

“夏”に近くなると、近所や街中で「ハーレー」をよく見かける・・。寒くて眠っていた「ハーレーダビッドソン」が甦ってくる時期である。

イメージとして“アリゾナ”の何も無い大地を爆音をなびかせて走る    「イージーライダー」を思い浮かべるのは私だけではないはずだ・・。

しかし、「夏はカレー」のほうが大好きかも・・!




昨年の夏、“阿蘇・大観峰”でのショット!暑さが画面から輝いている。

セ・パ交流戦開催・・。(今年の覇者は・・?)




昨夜から交流戦が始まった・・。セントラルの球団が勝ったことは今まで無いし、昨年なんかは、上位6球団全てがパシフィックの球団だったことでも分かるように、パリーグの方が今や、スター選手や球場施設、地域制どれを取ってもセリーグより上になったと思う・・。





(いずれも福岡ヤフードームでのホークス戦)


今年は強力な新人の入団もパリーグの方が多く話題性も上々である。  ともあれ、野球界から活性を受けて日本が元気になればいい・・。新聞にも  今年の「オールスターゲーム」は仙台で開催される方向で検討されているという。
今年のプロ野球は「震災」の影響で開催が大幅に遅れたが、これこそ
「野球」でしか出来ない、日本中を感動させ東北を元気づけることになるだろう・・。「野球の力」って凄い・・ね!

「久留米かすり」の“夏計画”・・(アメリカ娘とイタリア娘)。

立夏も過ぎて、本格的な“夏”の到来を待つだけだけど・・我々が扱う
「久留米かすり」は“夏”こそ、その真価を最大限に発揮する!

稼業とはいえ、昔は「モンペ」だの決して高価とはいえないような「反物」だとかを売っているのは、あまりカッコいいものではなく、遠ざかっていたように思えた・・。当時は身長178cm、体重58kg、“ロン毛”の僕には、必要が無く“別世界”のような感じだった・・。

もちろん!今では好きなんだが、“着て”尚更、その「風合いの良さ」と  「着心地の良さ」に感心させられる・・。

現在、「久留米かすり藍暦」の選りすぐりの柄から、“夏”の必須アイテムが出来あがろうとしています・・。あの新人の「イタリア娘」やワイルドな
「アメリカ娘」達にきっと似合いそうなアイテムになると今から楽しみです。“夏”のデートが楽しみだ・・。

“今年の初阿蘇”…(聖地への巡礼・ハーレーダビッドソンスポーツスター)。




こんなに長い時間「阿蘇」に行っていない年も珍しいかもしれない。
今年は特に「マーニ」が来て即、工場行きで故障したことから始まり、  故障した事の無い「H・D1200S」も原因不明の電気系統のトラブルで“火花”が飛ぶ症状を素人の私がどうしようというのだろうか?しかし、周りの方々の助言を頂き、冷静に原因を追求すると案外、簡単なことだったりする。

マーニは最終調整に出しているが、スポーツスターが完璧に甦ったので
久しぶりに「阿蘇」で走ってきた・・。



少し「黄砂」の影響で薄っすらと曇っているようだが、外輪山の淵は“風”が強く、温度も寒く下界とは5℃〜6℃位低いと思う。

しかし、久しぶりの「阿蘇・久住」は清々しく“爽快”だ!以前は年間20回以上来ていたし「阿蘇エクスプレス」として過去の“ブログ”でも御紹介している・・。
以前は「ハヤブサ」などで早く走っていたが、最近は“ゆっくり”と走ることにしている・・。“気候とバイクの鼓動”を感じるのにちょうどいいように思えた。
今回も行きつけのレストランやカフェなどで「久しぶりですね〜!」って
何回言われたことか・・!

昔のように今年は回数を重ねて、頻繁に「阿蘇・久住」を堪能する機会を増やそうと思う・・。

“マーニミーティング” in FUKUOKA  (元気な不良オヤジが  日本を元気にする。)



GW中の5日、“黄砂”の影響で“快晴”とはいかない天気の中で、福岡で多分初めての「マーニミーティング」が開催された・・。
といっても、ただ集まっていつもの仲間で、また「内輪話」に輪を掛けただけだったが・・、目的も無く、リーダーも無く、ただ「マーニ」というバイクを持っているというだけでの「仲良しこよし」は、実に居心地がいい!
そして、次の行動に移るまでのこの纏まりの無さが「イタリア的」で大変
よろしい・・。




中には可動20年!10万キロ突破の山口から参加の“超マニアック”な御仁も・・。信州辺りまで愛車「アルトゥーロ」で行ったことがあるとか!
今でも現役で「阿蘇日帰り」を常に続けているとか・・既に何百回も走破しているという・・。俺なんか、まだ“ひよこ”ですな・・。

MFの常連さんを含めたメンバーは目的地、姪浜の“フレンチ”?の美味しいお店を目指して出発していった!私はというと、「キャブ」か、「電気系統」の具合が悪いのか?スロットルを戻しシフトダウンしていく過程で回転数が下がると燃調が不安定になり、エンジンが停止してしまうことが続き、会場に向かう途中でもその現象が出ていた・・。

皆さんの御迷惑にならないように今回は“お見送り”をした。自宅に向かう途中でも同じ症状は出ていたけど、エンジンストップまではいかなかったが、既に原因を探るべくショップに預けている・・。今回は徹底的に原因を追求するために長い入院になるかもしれない・・。

古いタイプの車両を持つと「メンテナンス」や、原因不明のトラブルがよく起こる。しかし、そこがまた可愛いところで、当たり前のように動いて止まって、全てに機械的な物より、手を掛けて仕上げていく方が「愛着」が湧くし、ましてや、日本に数十台しかない貴重なマシンだったら尚更である。

私も、長い付き合いが始まったようだ・・。

「久留米かすり」の季節到来です・・。

先月のGW前には弊社の「夏物新作現物展」を初夏の日差しの中で  開催した。
今月も「久留米かすり」のベストシーズンに向けての様々なイベントや、展示会が目白押しである・・。



今朝の地元TVでも伝えていたが、お隣の筑後市では今週末、恒例の   「春のかすりの里巡り」が開催されるし、各織屋さん、メーカーの新作展や、現物展などこの時期に集中する・・。
私も関係ある処は“挨拶”に行ったり、これからの“傾向”を感じたりと
忙しい時期であるが、少しでも「久留米かすり」に興味が出て頂ければありがたいし、そうなると嬉しい・・。ごく一部の為の「久留米かすり」であったり、独占的な売り方や買い方は時代遅れだし、ましてや「安売りバーゲン製品」では続かないしお客様を裏切る事になる・・。

これからの「久留米かすり」の為にみんなで協力して協調していかねばならない。果たして、絶滅危惧種を救う“ルール”が他のメーカーや織屋さんが守れるかな?




立て直し・・。(いろんな意味で震災からの復興・・。)

震災の影響ばかりでは無いだろうが、あれから物販という物の流れが滞っているのはどこの業界でも同じだろうが、結構、影響が出てきているところもあるようだ・・。
特に東日本での物販は計算が経たないと思う。生活必需品でさえ充分じゃないことを考えれば、「久留米かすり製品」が受け入れられる状況はまだ、
随分先のことだろうと思う・・。

これから直接的な影響も、間接的な影響も含めて今後更に広がっていく可能性が高い・・。
「久留米かすり」でいうと、原糸や染料の高騰や入荷の遅れなど・・様々な要因でこれから展開していくだろう。それに輪を掛けたように物の流れが悪くなると、在庫や売れ残り商品を安く売ったり、変なルートに流したりと
いろんな“輩”が出てきたりする・・。まぁ、そうなればプロパーの商品も  信頼性に欠ける“ブランド”として急落していくのは目に見えているが・・。

日本中の物販に携わる人達が、今、「立て直し」を急ピッチで行っている。
時代や時期、状況に合わせた“行動”が明暗を分けるだろう・・。





雨の慕情・・。(長く待ち望んでいた雨・・もっと降れ!)

昨夜から漸く“雨”が降り出した・・。御存じのように全国的に雨不足は
深刻で、九州・福岡でもダムの水位が相当下がっているらしい。このままでいくと給水制限が行われるところまできていた。

ようやくというか、昨夜未明から降り出した“雨”は、今まで降らなかった分を取り戻すかのように強く降っていたようだ。
今朝も続いているが、予報によると明後日くらいまで降るようだ。なんでもフィリピン沖を今年最初の台風が北上しているという状況で、南から湿った空気が流れこんで前線が活発化しているらしい・・。どうりで、昨夜辺りから暑くて寝苦しい夜になった・・。

とにかく、この3日間は予報では雨が続くらしく周辺のダムが満水になるまでドシャ降りの“恵みの雨”が降ってほしものだ・・。みんな、それを願っている・・。

「♪雨、雨降れ!降れ!もっと降れぇ・・!♪ピチピチ、チャプチャプ、ランランラン・・♪」  これから始まる眩しい“夏”に向けて・・。晴れ




2011 GW 顛末記。(“アナログ”世代の拘り・・。)

今年のGWは皆さんいかがお過ごしでしたか?

私はというと、今年は2月に開催した展示会の関係上、2日の月曜を代休とした為、初めての5連休となった。
盆、正月以外でこれだけ長い休みが有ると「リズム」が狂ってしかたない。
景気が悪いので、遠くへ行ったり高額商品を買ったりとはいかないまでも
出来る範囲での「散財」はしているつもりだ・・。




大好きな「筑後川」の河口に初めて「マーニ」を走らせる。“黄砂”の影響で薄らいでいる風景ではあるが、正に春の「筑後地方」特有の景色である。




長いこと乗っていないH・D1200Sだが、案の定エンジンが回らない・・。  前回乗った時も、電気系統のトラブルの前兆があったから覚悟はしていたが、電源が入ったというモニターが作動しない!どこかでショートしているのか?時間を置くとモニターランプが点灯するが、スターターを回すとコイル付近から“火花”が散る・・!何度しても同じこと・・。どうなっているんだよ!俺の愛車達は・・!

休みが多い今回のGWは、タイプの違う二台のバイクで、交互に
「ビッグ阿蘇」に行くつもりでいたのに、残念な結果になってしまった・・。
しかし、二台ともしっかりと「ケア」して来る「夏」に備えたいという思いが強く、昨日の日曜まで出来ることを“コソコソ”と作業しておりました。

H・D1200sは電気系統のトラブルというのは分かっているから、シート下の配線、特に先に「ETC」を取り付けた時の電源を引いた処辺りが怪しいと思い見ていたら・・なんと!バッテリーの端子がプラス側から離れかけているではないか!増締めしたら元気に“エンジン”が掛ってくれた・・。

問題は「マーニ」である・・。
もちろん!今のままでも充分、許容範囲の中だが、走行中エンジンの回転数を落とすとアイドリングが不安定になり、“ストップ”してしまうことが時々有る・・。これが続くと安心して交差点に入れないし、信号停止などの市街地走行が心配である・・。いろいろなことにトライして原因を絞っていったが、明らかに「キャブ」のセッティングということになり昨日の夕方遅くに
ショップに預けてきた・・。今回は徹底的にやってもらおうと思う!

他の人から見れば、どうしてトラブルが多い昔の車両に乗るのか?と思われるだろうが、“アナログ”世代の私としては、最近の物に個性が無いし、
拘り無い・・全てに電子制御されて面白くもなんともない・・。

手間は係るけど妙に“味”が有る今の「愛車」達は当分お付き合いしていくだろう・・。





“ロイヤルウエディング”の国から・・。(ブリティッシュモーターサイクル)




英国のトライアンフ、「トリプルスリー」である・・。元祖ストリートファイターだ!
特殊な三気筒エンジンから繰り出される“バンチ”の訊いた加速感は独特でリニアだ・・。
先の試乗会から「デイトナ」に乗せてもらって気になっていた。よりポジションの楽な「スピードトリプル」を福岡のディラーさんに見に行ってきたけど、やっぱり現車を見るとカッコいいし欲しくなるよね。

歴史もアメリカの「ハーレーダッビドソン」より古いらしく何より「英国」独特の“ジェントル”な雰囲気が堪らないよね!

あ〜欲しくなってきた・・・(>_<)。

「母の日ギフト」って・・。(バカな企画をしている所が有るようだ・・。)

先の広告に「久留米かすり」を使ったブラウスが、破格の値段で掲載されていた・・。
ちゃんと「久留米かすり」と銘打っている・・。ご丁寧に「袋小物」まで付いてのご提供だそうだ。現物を見てくると、見覚えある「久留米かすり」だったが・・他産地の生地を使っても、此処まで売り単価が安くしての提供は疑問だ・・。
これだけ“手間”が係る「久留米かすり」を知らない物の仕業だろう?もちろん!「利益」など度外視だろうし、それより「真面目」に作って売っている織屋さんや携わっている人達が迷惑だろうと思う。

「真面目」じゃない「母の日ギフト」はいらないし、作ってはならない。
「お客様」もちゃんとお解りのはずだ・・。