<< December 2012 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
藍暦
Latest Entry
Category
Archives
Recent Comment
  • 朝一東京便…。パート4
    藍暦 (04/26)
  • 朝一東京便…。パート4
    モンちぃ (04/26)
  • 「彩藍」さんの夏物展示会に行ってきました・・。
    チーム彩藍一同 (02/19)
  • 春物新作展の2月スタートです・・。(「久留米かすり藍暦」2月新作展示会商戦が始まります・・!)
    四代目 (02/02)
  • 過ぎ去りし“夏”の思い出・・。 (ミルキースマイルの“秋”を迎えて・・)
    藍暦 (09/28)
  • 過ぎ去りし“夏”の思い出・・。 (ミルキースマイルの“秋”を迎えて・・)
    四代目 (09/28)
  • 戦士の休息・・ (“秋色” を求めて。)
    (09/25)
  • 大阪・京都、新都物語 part 3 (平安京の記憶・・。)
    藍暦 (08/31)
  • 大阪・京都、新都物語 part 3 (平安京の記憶・・。)
    四代目 (08/31)
  • 久留米井筒屋 閉店の年  part 2
    藍暦 (08/19)
Profile
Links
Search
Admin
Mobile

今日で仕事納めです。今年も有難うございました・・。

今日で、久留米本社は仕事納めです。

今年も、いろんな事があり、激動の一年でした・・。
昨年の震災から原発事故と未曾有の「国難」の中で不安定な市場や財政難が続く中、ロンドンオリンピックに一喜一憂したり、政治不安からの年末選挙で政権交代と本当に早い一年が過ぎていった・・。
それでも、新たに出会った方々や、協力してくださった方々と乗り切ってこれた一年に心から感謝しております・・。
そして、来年も「下手」なブロブにも懲りずにお付き合いいただければ幸いです。この「ブログ」も今回で1650回目をクリア!現在、6年目の半ばに到達しております・・。これからも「久留米かすり」と共にいろんな角度からご報告を続けていきます・・。何事も「継続は“力”成り!」です・・。

来年も又、素敵な出会いが「久留米かすり」を通じてもっと広がっていけるように今以上に頑張るつもりです。
1月末〜2月には、新作の展示会も始まり、きっと皆様の期待に応えられることと思います。どうぞ来年も宜しくお願い致します・・。

“藍暦”と“久留米ぬくぬく袢天”をご愛用のお客様へ・・。

今年も“藍暦”と“久留米ぬくぬく袢天”をご愛用いただき、ありがとうございます。
来年も、お客様方に喜んでいただけるような商品をご提供できますよう
スタッフ一同、頑張りますので宜しくお願い申し上げます。

来る新年が、全ての人達に素晴らしい年でありますように願って本年の
最後の挨拶といたします。ありがとうございました。
 

                    重松株式会社
                   代表取締役社長 重松 秀昭            






年末・年始のお知らせ・・。

今年も残すところ後、僅かとなってきました。

年末・年始のお休みのご案内をする時期になりました・・。

久留米本社は12月29日(土)〜1月4日(金)まで、
藍暦・鹿児島店は12月29日(土)〜1月2日(水)まで、
福岡・藍暦ギャラリーは12月29日(土)〜1月3日(木)までとなります・・。どうか宜しくお願い申し上げます。

1月3日(木)から鹿児島店、1月4日(金)から福岡・天神店にて“初売り”としてお買い得な「福袋」を多数ご用意して皆様のお越しをお待ちいたしております。

久留米本社は、1月5日(土)は営業しております。

(尚、久留米本社では12月28日(金)は、平常業務です。)





来年への準備・・。



日誌の変更(交代)の時期に差し掛かった・・。自他共に認める“データ魔”である・・。
私が社長に成った39歳のころから記入している。10年位前から少しずつ増えて今では5冊の分類別データとして残している・・。パソコンで管理している輩もいるが、私はアナログ派だし、多くの利点も有り余白の利用も最大限、活用しているし、直ぐに過去のデータを確認出来るのは有り難い。

そんな冊子の新しい来年度分が届いた!来年はこの冊子に、どんな歴史が刻まれるのか?すかさず記入していきたい・・。


今年のXmas事情・・。(寒すぎる寒波到来・・。)

ここ久留米でも先週の終わり位から“Xmas寒波”で凍えているが、最近では天皇誕生日絡みでの連休のお陰で、休み気分も増して流通も活発なればいいことじゃないだろうか?

毎年、Xmasツリーをアップさせていたが今年はサボってしまった。

しかし、この寒さ・・強烈だよね!この後、多少緩んだ後、“年越し寒波”として再来するらしいので、またもや寒い年越しになることだろう。

今年もラストで“風邪”は引きたくないから、皆さんも充分気を付けてくださいね・・。





今年最後の鹿児島行き…。

今年、最後の鹿児島行きです。薩摩の優しさ、逞しさに元気を頂く。
いつもの桜島は見えなかったけど、燃え上がる思いは続いている…。


「久留米絣技術保存会」の冊子ができた・・。



今年から「公益財団法人」に変更した「久留米絣技術保存会」だが、先にも述べたことが有ると思うが、「久留米絣」の「手織り」の技術を伝承するための団体である。
「重要文化財」である「久留米絣」は早くからその認証を受けており、今後も“伝統”の“技や、技術”を残していくためにも重要な団体である。

私も卸組合の理事長として昨年から理事会に出席しているが、タイミング的に「公益財団法人」への移行の年になった。

今回、「重要無形文化財」としての冊子が出来あがったのでお知らせいたします。
数に限りはございますが、弊社にも少量は置いてます。

新しい「久留米かすり藍暦」は着々と・・。

「久留米かすり」に拘った「藍暦」では、来年の準備が着々と進んでおります・・。
今、現在がピーク!4軒の縫製会社をフル稼働して「久留米かすり」に拘った新作や新柄で作った売れ筋や、新柄での定番品などを1月の下旬頃には、皆様にお見せできる予定です・・。

もちろん!売りやすい価格の「ストール」や、「久留米かすり」に合わせやすい「和雑貨類」にも拘り、「和空間」の演出は、お任せください・・。「新作、藍暦」もうすぐお目見えです。





九州の玄関口、「博多駅」・・。



JRの「博多駅」である・・。昨年春にオープンした・・。新幹線の全線開業や、駅ビルの充実で集客は
九州トップクラスだろう・・。

その反動は周りや九州全域にも及ぶ。最近では近くのJR駅付近の商店街も影響で雰囲気が変わっていると聞く。福岡では天神周辺もそれを受けているようだ。
Xmas商戦から年末年始の期間、どこも売れてくれればいのだが・・(*_*)。今年の年末の雰囲気は
何か違っていると思うのは私だけだろうか?

店舗限定の割引セール開催中です・・。

二つの店舗、「久留米かすり藍暦・鹿児島店」と「藍暦ギャラリー」では、昨日より、「訳あり商品」などの割引セールを開催しております。
“掘り出し物”が見つかるかも?とうぞ、お越しください・・。




選挙が終った朝・・。

12月という異例の選挙が終った・・。結果は現政権の民主党の惨敗であった・・。かといって勝利した
自民党が必ずしも勝利したとは言い難く、投票率の低さからの優位性を活かしただけのことであろう・・。ともすれば、又、政権交代が起こるかもしれない・・。そうゆう意味では危機感を持って次の政権は頑張って「強い日本」を取り戻して貰わねばなるまい。

しかし、年末の選挙で景気が悪いところへ尚更、物が動かなくなっている。
どうにかしてほしい!これでは最悪の12月になりそうだ・・。

12月14日といえば・・。

いつもこの日になるとお伝えする内容に、少々、引け目はあるが、それでも書かねばならない“日本人の心”・・。

「忠臣蔵」である・・。

様々な問題が山積している、今の日本である・・。・・がゆえに「忠臣蔵」を作りあげた男達の“純粋”な
主君を思う心に打たれる・・。

選挙、不景気、震災、原発、尖閣、今日くらいは忘れて「日本人の心」を思う一日にしたいものである・・。


寒すぎる12月商戦になったね・・。(先が読めない苦労・・。)

今週になってからも寒く冷たい朝が続く・・。今朝の久留米は連日の氷点下で、一面の真っ白な霜に覆われた・・。今月になって衰えるどころか、益々寒波が流れてきて寒い毎日だが、弊社の「久留米ぬくぬく袢天」は需要に追い付けず、お客様にはお待ちいただいているが・・。

今年は偏西風の蛇行で寒波が日本方面に流れてきているんだとか・・。この時期、バーゲンや処分などで、新たな商品などメーカーが持っている訳がなく、今は来る「春物商戦」に向けての生産の最盛期ときている・・。このまま寒波が続けばその「春物」のスタートにも影響が出そうだ。特に「冬物」は、期間が短く直ぐにバーゲンの対象になることから、メーカーさんは多くを作っていないのが現状なのに・・「かぜが吹けば・・」じゃないが、「寒さが続けば、洋服のメーカーさんは先が読めなくなる・・。」ということか(>_<)。

今年の12月事情・・。(健康管理を実施する・・。)

30代40代と12月になれば、忘年会が目白押しだった・・。お付き合いが多く、多方面に首を突っ込んでいたので、この時期になると多くの忘年会に出席していた・・。

しかし、50代になって忘年会も極力出ないようにしている・・。“お誘い”は有るんだが、身近なお世話になった所に行くだけでお断りしている。若い時ならいざ知らず、50歳も半ばになって脂ぎっても体調を崩すだけである・・。
景気の先行きも不透明で年末選挙の末期症状の日本!ダラダラと「忘年会」をしている暇は無く、来る厳しい来年に備える事が肝要ではなかろうか?



肥後熊本紀行・・。(どぎゃんしたとね・・!)



熊本に行ってきた・・。大きなアーケードは新市街である・・。

表現はいろいろ有るとして、我々、福岡県民と違うのは、より“九州人”らしいという事かもしれない・・。「肥後もっこす」に代表されるように頑固で取り付きにくいというイメージが有るほどだ・・。
しかし、一度、仲良くなれば、怒られるほど良くしてくれる・・。表題のように、「どぎゃん!」とか、
「がん!」とか“力を込める”部分になると独特の「熊本弁」が出てくる・・。私が知っている方々はその殆どが、お酒に強い!その辺も“九州人”らしいお国柄かもしれない・・。

結構寒い今年の12月・・。

土曜日は久留米でも初雪を観測したらしい・・。遠くの佐賀県の脊振山系も冠雪を確認できた・・。
週末は少し気温が上がるらしいが、水曜日位までは、寒気の影響で寒さが続きそうだ。
この関係で山沿いの道路では規制が有るらしく、充分気を付けて行きたいものだ・・。
しかし、この時期に道路の規制が出ること自体、早い今年の“冬事情”になっている・・。この先、“吉”とでるか?

12月8日という日・・。

北朝鮮のミサイルが発射されそうな昨今だが、昭和16年12月8日は日本海軍がアメリカ太平洋艦隊の基地、ハワイ・オアフ島に攻撃を敢行した日である・・。

世界中が騒然としていた時代、双方の思惑や駆け引きなどを経ての開戦となった訳だが、近年の研究ではアメリカ側が戦争に参戦するために、日本側に業と奇襲をさせたような形をしたというようなことも、誠しなやかに噂されているようだ・・。しかし、そんなことよりも、明治維新が成って、ここまでの短い期間でよくもここまで大きな“海軍力”を持つようになった・・。

江戸幕府が幕末に開いた海軍養成所からイギリス式海軍力を吸収して、日清・日露戦争を知略で勝ち取り、備えてきた“海軍力”である・・。始めて実戦で大きく使われた「航空戦力」での攻撃は素晴らしく、この攻撃だけを見れば「日本海軍」の誉れである・・。

その後の戦いは、作戦の遂行が「軍令部」との間でズレていき、思うような戦果が得られなくなるのは、歴史が証明している・・。アメリカは直ぐ、太平洋艦隊の司令長官を更迭し、序列じゃない若手の気鋭「チェスター・ニミッツ」を着任させて立て直しをする。さて、日本海軍はその後のミッドウェイの敗北を分析もせず指揮官や長官の移動も大きくは無い人事で体制を維持して衰退していく・・。

12月8日は、そうゆう意味で「偉大な日」ではないだろうか・・。今の日本はミサイルが飛んできても、領海を侵犯されても、こちらから動くことも出来ない“自衛隊”を持っているだけだ。その能力から“軍隊”と呼べない絡みが今の日本を象徴している・・。先の歴史のように間違えた決断で衰退しないように祈るだけだ・・。




イージス艦「こんごう」である・・。随分、前に見に行った・・。

今年の“大ヒット”「久留米かすりストール」・・!



以前も紹介したが、「久留米かすりストール」である・・。
昨年から販売しているが、今年の“売れ方”は尋常ではない・・(>_<)。
全く、生産が追いついていないのだ・・。昨年までは価格も2種類有ったが今年から統一で、4000円の単価で販売している。“糸使い”も“織り方”も“優しい肌触り”専用で作っているし、糸が解れないように“ふさ”の部分も一つ一つ手括りで仕上げている・・。

これだけ手が込んだ商品にも係わらず、4000円でのご提供は「破格」と言えよう・・。
発売以来、一年を通じて売れており生産が追いつかない状況でご迷惑をお掛けしておりますが、ご注文のお客様は今暫くお待ちくださいませ・・。

他社さんも、いろんなストールを販売してきたが、「手括り」に拘った「久留米かすりストール」でこの単価でのご提供・・これからも売れ続けるであろう・・。






“藍”を極める・・。(日本人の色彩を愛でる感覚に感心する。)

「久留米かすり」を染めるのに使う染料に「藍」が有ります。もちろん!「久留米かすり藍暦」の「藍」も
季節の中で「久留米かすり」を楽しんで頂くために付けた名前です・・。

その「藍」ですが、何種類か有るのは知っていたが、それぞれにちゃんとした“名前”が有り、日本古来の色として存在している。もちろん!その他の赤系、黄色系、緑系なども数種類有るようだ・・。日本の織物の奥は深いし、未だに復活していない「色」も有るという・・。

そんな「藍色」の種類を紹介してみようと思う・・。

濃い順に「花浅葱(はなあさぎ)」、「縹色(はなだいろ)」、「藍色(あいいろ)」、「新橋色(しんばしいろ)」、「瑠璃色(るりいろ)」、「浅葱色(あさぎいろ)」、「瓶覗(かめのぞき)」・・と続く。

一番薄い、「瓶覗(かめのぞき)」などは、藍で最も薄い色で一説には藍瓶に張られた水に空が映り、
それを覗き見た色という・・。
珍しい名前の「新橋色(しんばしいろ)」とは、比較的新しく明治末期、新橋の芸者が好んで着た色からきているらしい・・。

織物の色ひとつを取っても、日本人の感性の豊かさと繊細さを見てとれる。そのひとつひとつに「名前」があり、「物語」が付いてくる・・。当時の人達の“思い”が伝わってくる・・。



今年の12月事情・・。(身も心も寒〜い年の瀬到来ですか?)

今朝の気温は4℃・・(>_<)。これから寒波の影響で、さほど気温が上がらない予報で週末には九州北部でも“雪”が降るらしい・・(>_<)。なんとも憎らしい天気ではないか・・。
12月といえば新作の商品も無く、そろそろ来るであろう「バーゲン」の季節でもある・・。誰が好き好んで売れている商品を安くしたいものか?特に我々が発信している「低価格帯商品」ではそれが謙虚である。
メーカーだって馬鹿じゃないから、殆どの所が来年の新作にシフトしているだろう・・。長〜い寒さの影響で今年の12月は「バーゲン商品なんか無い!」と言いたいね・・。

でも、まんざら、言えなくもない・・。この時期、ご丁寧に「ショップ」だけの「バーゲン」ならまだしも、「工場解放」とか「ファミリーセール」とか・・の手を変え、表現を変えての処分が多い事・・(-_-)。近くの取引先や自社店舗への影響などは考えないのだろうか・・?「お付き合いでの納入業者も毎回大変だろうに・・(>_<)。」

弊社ではブランド確立以来、自社内でのバーゲン販売を行っていない。というか、「売れない商品を作っていない!」ため、計画する必要がないのだ。

メーカーとしての責任と自覚は、ときには大変だけど、全ては「藍暦」をご愛顧頂いているお客様の為に、今後も頑張っていくつもりです・・。




体調が狂う、12月の天気と気温差・・。

今朝の気温は、8℃・・暖かい。昨夜の雨が原因なのか?は解らないが、この気温の上下が、この時期、“体調”を狂わせる原因になっているのだろう。
先週は、出て行くことが多かったため、少し体調を崩していた・・。経費節減として門司から久留米まで快速電車に乗ってきたのが、良くなかったみたいだ。二時間の移動時間の車内は多くの人の出入りだったし、歩き疲れて体力が落ちていたところをやられたのかもしれない。

今年は例年になく「インフルエンザ」の予防接種を11月にしている。これから向かえる1月〜2月が、弊社にとってどれほど大事な時期かは、誰もが知っている・・。社長として先頭に立って頑張るつもりである!

まぁ、体調が悪いといっても、「咳と痰」が絡むだけで熱は無く、食欲は旺盛だから程なく平常に戻るだろうが・・皆様も気温の変化が大きい季節、無理もする季節・・12月は、充分気を付けてお過ごしくださいませ・・。

“師走”に入りました・・。(結構、好きな月かも・・!)

12月に入りました。生憎、最初の日曜日は冷たい雨模様だったが、全国的には寒く気温は下がっているようだった・・。先月の終わりには、県内を移動し情勢を見学してきたが、頑張っておられる人達に逆に“元気”を頂いた!

先日もお知らせしてきたが、早くからの寒さの影響で「久留米綿入り手作りぬくぬく袢天」の需要が追いつかず先様にはご迷惑をお掛けしています。
これからが“寒さの本番”ということで、シッカリと対応していくつもりです。
季節的には好きな「マラソン」や、特番が充実する時期なので楽しみだが、街の雰囲気もガラリと変わり、人々の活気も増してくるこの時期・・今年も乗り遅れないように最後まで充実した日々を過ごしていたいと思っています・・。

小倉初冬祇園旅情・・。(北九州市に行く。)




「♪小倉〜生まれで、玄海育ち〜♪、」と聞こえてきそうな北九州市小倉駅の有名な“小倉祇園太鼓”のレリーフである・・。

昨日は久しぶりに小倉と門司に行ってきた・・。お世話になっているお客様に、突然の訪問をしてくる・・。これからの戦略や、方向性など勉強になった一日だった・・。
北九州といえば、最近は暴力団絡みの話題が多いが、明治以後、近代化の波がいち早く押し寄せた歴史ある所である。今はエコな街づくりで、東北の被災地の瓦礫を九州では一番に受け入れたり、近代的な街作りにも積極的である・・。

しかし、場所柄、「怖いイメージ」が有る。昔、筑豊・北九州を回っていた時も、早口でいつも怒られているような錯覚でいた記憶がある。反面、「義理と人情」には熱い人達が多いことも納得である・・。



豊前15万石の小笠原藩の居城、「小倉城」である・・。最近、本丸御殿が出来たころ、一度入ったことがある。その時は隣接する、同市が生んだ「松本清張記念館」に行って「点と線」の謎解きを拝見した。





有名な「常盤橋」を見てくる・・。いろんな有名人が江戸時代通行した「長崎街道」の起点である・・。

将軍に拝謁する為に、“象”も長崎から来て渡ったそうだ。「シーボルト」の銅版画にも書いているらしい・・。

今度、来る時はゆっくりと回ってみたい、そんな小倉近辺でした。
この後、門司経由にて新幹線を使わずに久留米まで帰ってきた・・。



我が街は、「久留米藩21万石」・・。同じ福岡県といえど、異なる文化の違いに楽しさを覚えた一日となった・・。